April 17, 2011

愛のイエントル

556002p

スカパー!で見かけたときに、設定に驚きしかもMusical! 改めて鑑賞した。

舞台は20世紀初頭の東欧ユダヤ人社会。家事よりも学ぶことが大好きな女性イエントルは、周囲には内緒で愛する父にタルムード(ユダヤ教の教え)を教わっていた。
当時のユダヤ人社会は特に役割分業がはっきりとしている。女性が学ぶなんてとんでもない。愛する父を天国へ送ったイエントルは、なんと男装して男として大学で学ぶのだった・・。

オープニングは、まるで「屋根の上のヴァイオリン弾き」を思い起こさせるような典型的なユダヤ人社会。主要な登場人物はそれほど多くはないが、男装したイエントル(=アンシェル)はボーイッシュでチャーミングだし、友人で後にイエントルが恋をするアビグドゥも知的さとセクシーさを併せ持ってとても魅力的。

音楽はミシェル・ルグラン。強いインパクトを持つ曲はあまりないけれど、全体的に美しく自然に音楽が流れている。ユダヤ人社会の様子もかいま見られるユニークな作品。イエントルを演ずるバーブラ・ストライサンドの歌唱力、特にラストは素晴らしい。
VHSしかないのがとても残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2011

映画「友だちのうちはどこ?」

Img335

キアロスタミ監督作品を観たのは、おそらく初めて。彼の名前を聞いたのは、当時住んでいた小さな街で開催された映画祭。「キアロスタミが旬だよ」と教えてくれた彼女は、あるカルト団体のメンバーだった。今はどうしているのだろうか・・。

とても素朴なストーリーである。映像も派手ではないのだが、妙に惹きつけられる。そして現代の話であるはずなのに、時折イエスの時代やその周辺のような錯覚に何度も襲われた。歳を重ねた老いた男性とのやりとりや少年のひたむきさ、ひたすら友だちの家を探し回る様子など、監督が意図していたのかはわからないがとてもイエスっぽくてキリスト教的メッセージまで感じ取ってしまった。
私たちの周辺では失われてしまった何かが、この作品には確かに描かれている。

ラストがまたほのぼのする。なお、登場人物はパゾリーニの「奇跡の丘」と同じく、いわゆる素人だそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2011

ヒバクシャ 世界の終わりに

4523215021234

まさかこんなタイミングで鑑賞するとは夢にも思っていなかった・・。福島の原発事故のさなか、「原発休暇(?)」ともいうべき時間がぽっかりと与えられた。
ずいぶん前に録画していて観られなかった本作品。

湾岸戦争で使われた劣化ウラン弾によって、イラクでは子どもたちの白血病が急激に増えた。日本に原爆を投下したあの国は、ほかの国でも同じような・・いやもっと見えにくいことをしている。
広島で被爆された肥田舜太郎医師と、アメリカのハンフォード。いつも事故や災害が起こる前は、反対運動をしている預言者のような人々は時に疎まれ笑いの的でさえある。ハンフォード近くで作られた農作物は、世界各地に輸出もされている。何十年後かの責任はいったい誰がとるのだろうか。

しかし、事故が起きてからでは全てが遅いのだ・・。自分自身を含めて、どこか他人ごとだった私たち。しっかりこの作品も鑑賞してほしい。公式サイトはこちらへ
鎌仲ひとみ監督は「六ヶ所村ラプソディ」も撮っている。次はぜひ、そちらも鑑賞したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2009

真夏の夜の夢

B000cbnwos_09

※2006年に書きましたが、未アップだったので掲載します♪

シェイクスピア原作、劇付随音楽ではメンデルスゾーンのものが最も知られていますが、英国バロック期のパーセルを始め複数の作曲家が作品化しています。

以前大学の講義で「結婚式の音楽」がテーマの時、今日録画したソフィ・マルソーやケヴィン・クラインが出ている版を紹介しながら見せたのですが、その時は吹き替えしかレンタルショップでは置いてありませんでした。今回は初めて字幕で観ました。

再鑑賞して驚いたのはメンデルスゾーンの有名どころはもちろん、ずいぶんオペラの曲が採用されているのです! これはまだオペラファンではなかった以前はあまり気づかなかったことです。ヴェルディの「椿姫」から『乾杯の歌』、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲、ドニゼッティの「愛の妙薬」などなど。

シェイクスピアは、やはり台詞が美しいですね。俳優人もどこかそれを意識した美しい発音になっています。声楽家波多野睦美さんのゼミや彼女の清涼感あふれる英語の発音を想い出しました。
妖精の女王タイタニアは大変美しく、役柄にぴったり。英国人が大好きだという妖精の世界もファンタジックに描かれています。

1999年の映画ですが、舞台はシェイクスピアの時代ではなくて19世紀イタリア。19世紀の衣装が魅惑的です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2009

永遠のマリア・カラス

Callasforever

永遠のマリア・カラス (DVD) 2005
フランコ・ゼフィレッリ
ファニー・アルダン, ファニー・アルダン, ジェレミー・アイアンズ, ジョーン・プローライト

※2005年に書いたものですが、未アップだったので載せますね♪

以前から観たい映画でした。
前はカラスの歌声の魅力について、正直よく分かっていなかったのだと思います。そうたくさんは聞いていないけれど、取り立てて私の耳を引く演奏ではありませんでした。

カラスへの理解度が増したのは、映画「フィラデルフィア」を観てからです。ゲイの主人公トム・ハンクスが発病に苦悩するまさにそのシーンで、カラスの歌声がかかります。それが、何と主人公の痛みとマッチしていたことでしょう!
カラスの歌声は、非常に人間的な熱いメッセージを持っていたのでした・・。

全盲の歌手アンドレア・ボチェッリの歌声も、もしかしたらどこかカラスの歌声とリンクする点があるのかもしれません。彼の声は美声というよりはとても個性的で、そして人間らしい魅力を秘めているように思います。

この映画はカラスと親しくしていたゼッフィレッリが、カラスへの追悼も込めて作成したもの。フィクションもノンフィクションも織り交ぜられているそうです。
ゼッフィレッリはオペラの演出も数多く手がけ、また映画も格調高く美しい作品が多いです。「じゃじゃ馬ならし」「ロミオとジュリエット」「ブラザー・サン、シスター・ムーン」(聖フランチェスコを描いたもの)などなど。

カラスを演ずるファニー・アルダンは、顔が特にカラスに似ているわけではないのに、時にものすごくカラスらしさが醸し出されていてはっとさせられました。ディーバの雰囲気を堂々と演じています。
プロモーター役のジェレミー・アイアンズは、先日観た「Mバタフライ」もなかなかよかったですが、本作品ではゲイとして描かれています。不思議な魅力を持つ俳優です。

公式サイト http://www.gaga.ne.jp/callas/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2009

Musical『ダウンタウン物語』

Redv00069_l

アラン・パーカーのデビュー作で、14歳で妖艶な歌姫タルーラを演ずるジョディ・フォスターは「タクシードライバー」の次作だとか。子どもたちのみが登場して、ちびっこギャングの様子を描く異色作。抗争のシーンでは漆喰銃やパイ投げ・・というあたりが子どもらしくて、思わずにやりとしてしまう。

後にミュージカル『Evita!』などを撮るアラン・パーカー監督。作品全体のトーンや色合いは、やはり彼らしい。暗くて重めの色調。子どもたちのちょっと気取った生意気なぐらいの演技がとてもよい。ファット・サムやダンディ・ダンなど、大人顔負けの演技。音楽としては、思ったほど印象には残っていないのが少し残念。

それにしてもジョディ・フォスターは、大人になってからよりも子ども時代の方がセクシーかも!? この作品が作られた1976年と現代とでは、子どもたちを取り巻く状況がだいぶ変わってきている。セクシーさをにおわせる子役の起用が、今は許されるかというと難しいような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2008

王女メディア

何とも不思議な作品である。パゾリーニ監督作品が観たくて、おまけにマリア・カラスが主演とあらば観たいと思うのは自然なこと。

オペラファンである知人に「カラスは歌っていませんよ」と聞きつつ、お借りした。少し年齢は上であるが、それでも充分に美しいカラス。ギリシャ悲劇の王女メディア(いわゆる「メディア」の語源になっている)は、夫に裏切られて嫉妬に狂うのだが・・。
どうしてもメディアとカラスが重なって見えてしょうがなかった。夫がありながら海運王オナシスとの恋に落ちたカラス。晩年は一人寂しく不遇であったらしい。複数の映画にもなっている。

「メディア」関連で言えば、オペラにもなっていてカラスが歌っているし、パリ・オペラ座のバレエ「メディアの夢」もまたよかった。

よく言われることだが、この作品は邦楽・ブルガリアンヴォイスなど非ヨーロッパ系の音楽が多用されている。とても合っているようなそうでもないような・・というのは「奇跡の丘」にも言える。でもきっと、それがパゾリーニらしさなのか。
パゾリーニは、抗っているものと大切にしているものが実にはっきりとしている監督だ。だからこそ、彼に惹かれるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2008

新国立劇場「サロメ」

Moreau_apparition01c
_chirashi

オペラにはまったのは、関西の知人がベストチョイスでビデオやDVDを貸してくださったことがきっかけだった。当時ヨーロッパ旅行に3年連続で行くことがかない、「せっかくヨーロッパへ行くなら、本場でオペラでも・・」という軽い気持ちがすっかりはまった。
彼女のお薦めがとてもよかったし、ヨーロッパの劇場が素晴しかったなど様々な幸運が重なった故だと思う。

リヒャルトシュトラウス作のオペラ「サロメ」も恐らくMさんのチョイスで、テレサ・ストラータス主演のビデオを観た。美しく小悪魔的な魅力でこちらを惑わす。義父のヘロデではなくても誘惑されてしまうだろう。このビデオが大変よく、また官能的でさえあるリヒャルトシュトラウスの楽曲にも飲み込まれるようにはまった。
関連作品もいろいろ試した。オスカー・ワイルドの原作(戯曲)はもちろん、Mさんお薦めの塩野七海氏の「サロメの乳母の話」、コミックでは牧美也子の「サロメ」、連れ合いの勧めで星野之宣「妖女伝説」。映像では「オスカー・ワイルド」、ケン・ラッセルの「サロメ」、フラメンコではアイーダ・ゴメスの「サロメ」、演劇はスティーブン・バーコフの「サロメ」。絵画ではモロー・・など、私がちょっと手を出しただけでもずいぶんとある。枚挙にいとまがない。
退廃的・官能的とも言える19世紀末芸術に何故これほどまでに惹かれるのだろうか。一言付け加えるならば、「サロメ」はこれほどまでに悪女であったかどうかは定かではないようである。後世の脚色の方が多いのだとか。

「生涯で一度でいいから、ぜひ観たい」と願ってはいたが、今春密かに計画をしていたヨーロッパ旅行が延期になり何かオペラでも・・とネットで調べていたら、新国立劇場でのサロメ公演! 安めの席はほぼ埋まっていて、その時点で安めの席で残っていたのは水曜日。教会暦では「灰の水曜日」と言って、受難節(レント)に入る日だった。受難節にサロメ!?と少々気がひけたが、このタイミングを延ばす手はなかったので予約をした。

何度か映像では観ていたし、授業でも紹介したりするので特に予習も復習もしていかなかった。拍手をする間もないままに、突然楽曲が始まった。いきなり作品に引きずり込まれたのだが、この作品は休憩なしの1幕で1時間40分。最後まで息をこらして鑑賞した。

サロメは少し経ってから登場する。義父のヘロデ王の誕生日の宴席から逃れて。義父の自分を見つめるまなざしの怪しさに辟易としている。サロメ役のナターリア・ウシャコワの演奏は最初はそれほど素晴しくはなかった。それなりにはよいのだけれど、思ったほどではない。しかしこの歌手は案外すごいのかもしれない。その時によくない調子をどんどん合わせて、結果的に最後のモノローグとも言える大事なシーンでは、もっともよく声を鳴らし堂々としたサロメを演じていた。

今回何と言っても素晴しかったのは、ヨハナーン(バプテスマのヨハネ)である! ジョン・ヴェーグナーというバリトン。セットは前方真ん中に大きな井戸のような穴があって、ヨハナーンはそこに幽閉されている。最初は穴の中から声がするのだが、穴の中の声でさえ麗しい美声で全身の登場が非常に待ち遠しかった。
そして、サロメに懇願されて牢から出されるヨハナーン。見た目も大柄で見栄えがよく、これ以上はないかも!と思えるほどヨハナーンにふさわしい美声だった。洗礼者ヨハネというよりは、イエスのような気高さもあった? ワーグナー作品などもぴったりだろう。

全体的に男声の安定感とよさが目立った。ヘロデ役のヴォルフガング・シュミットもまるでお手本のようなヘロデだったし、ヘロディアスは以前から個人的に大好きな小山由美さん。彼女もまたワーグナー歌いで定評がある。ヘロディアスの小姓役の山下牧子さんは細身で小柄、声もインパクトには少し欠けた。

初めて生で「サロメ」を鑑賞して、気付かされたことがいくつかあった。それは音域がとても広く、高音から低音まで鳴らす難しさ。ミュージカルで言えば、アンドリュー・ロイド・ウェバー作品のような。「7つのヴェールの踊り」でダンスをも求められるこの役は非常に難易度が高いと思われるが、ナターリア・ウシャコワはどこかセーブしながら踊っていた。このあたりが映画版や映像版のオペラと違うところだろう。最初から最後までのバランスを計算して、クライマックスへ向けてエネルギーも保つ。本当に大変なことだ。

調子がそれほどよくはないように思えても、最後までにはぴったりと持ち直す。そんな歌手の技量に触れられて感謝な灰の水曜日であった。
「生涯に一度でいいから・・」と願って観た作品だったのに、終わる頃にはまた別の演出や演奏を聴きたくなってくる。まったく芸術への欲求というのは尽きないものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2007

映画「わたしのグランパ」

2603060587
時折、邦画に癒されたりホッとさせられる。邦画特有の静かな雰囲気や、やはり自国語の安堵感もあるのだろうか。

ずいぶん前にスカパー!で録画をしたのにずっと観られず、ようやく鑑賞。とにかく菅原文太が際だち、粋なグランパである。あまり登場しない連れ合いのグランマも美人。若い頃はさぞや美男美女カップルであっただろう。

菅原文太扮する珠子の祖父以外は、非常に「普通」で自然な登場人物のオンパレード。中学生の孫娘珠子も美しさが目立つ前の年齢だということもあってか、それほど華やかではないのがむしろ好印象。

歳を重ねてなお深みと円熟味を増すのは、本望であろう。しかし願ってみたところで、なかなかそれは叶うものではない。菅原文太は若い頃の「トラック野郎」シリーズを、それこそ小樽の祖父たちと共に観た記憶がある。あの頃の演技よりも、今の方が圧倒的な存在感である。強いて言えば、和製ショーン・コネリー!?

グランパは結果的に殺人事件を引き起こし、刑務所で必要な年月を過ごす。中学生の孫娘珠子は、恐らく会うのは初めて。最初はとまどいつつも、彼の優しさと魅力にどんどん惹かれてゆく・・。
このグランパを観ていたら、何故かイエスを思った。イエスがずっと長命だったら、人を愛するが故に刑務所に捕らえられたり、命を落とすことですらあったに違いない。

私のグランパは・・母方の祖父は、60代でガンに侵されて亡くなった。亡くなる前の最後の頃、病室で「うるさい!」と険しい表情だった祖父を今でも覚えている。それほど病が重くて、孫にきつい言葉を投げかけるほどしんどかったのだろう。
父方の祖父は、戦時中に捕らえられてシベリア抑留兵だったそうだが、比較的長生きをして天に召された。穏やかで物静かな祖父だったが、彼の苦労を自身の口から聞けることはほとんどなかった。いま私の手元には、祖父や他の抑留兵の方が綴った「スコーラ・ダモイ」という書籍が残されている。

そんな風に家族をふと思いやり、振り返る気持ちになれるよい作品である。ロケ地は栃木のようだが、栃木県境にもほど近い白河ともよく似た風景が広がっている。
音楽の話題にあえて触れるならば、グランパと珠子が参加する年末の華やかなパーティ。ここでは島田歌穂の実際のパートナーである島健氏がピアニスト役で登場して音を奏で、そしてスコットランド民謡で知られる『蛍の光』が皆で歌われている。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 09, 2007

ミュージカル「蝶々さん」

Photobg
東京で讃美歌委員会のあった翌日、3月に「さまよえるオランダ人」のオペラを観たときにチラシを見かけて予約していたミュージカルへ行きました♪ 島田歌穂主演の「蝶々さん」。原作は市川森一さんで、日本人の眼から見た「蝶々さん」が描かれています。こちらは思っていたよりもキリスト教の要素が強くて意外でした。そもそも主要なキャストに、メソジストの牧師夫妻アーヴィン夫妻が登場します。蝶々さんが長崎の活水学院へ行きたかった・・という話題など、学生YMCAつながりで活水の名前になじみがある者としては驚きました(笑)。

会場に到着したのはギリギリだったのですが、あちらから歩いてくるのは・・島健さん! 島田歌穂さんのパートナーで、作曲家でピアニスト。スカパー!の映像で何度かお見かけしていたので、すっかり知った気分で(笑)軽く興奮。帰りにもまた客席におられた島健さんと遭遇して、嬉しかったなぁ。
そっか、今日が初日だったのですね・・今年の春はずっと多忙だったので、チケットは押さえつつも細かいチェックをほとんど出来ないまま会場へ足を運んだのでした。r(^_^;)

島田歌穂さんは非常に安定していて、とてもよかったです。いつも思うのですが、表現力も演技力もあって、何よりピッチがとても正確。声もよく伸びます。最初から最後まで着物姿でしたが、身のこなしがとても自然で日舞でもされているのでしょうか?
アーヴィン夫妻役の二人も素晴しかった。宣教師は歌唱力抜群で、メインの語り手コレル夫人は存在感ばっちり。書生役の彼は他のキャストに比べて、経験がまだ少ないように感じました。ピッチも少し不安定。全体的には、前半よりも後半の方がどんどん引き込まれて鑑賞しました。
セットはシンプルながらも演出がそれなりに凝っていたので、見応えは充分! 作品としては中規模作品という感じでしたが、会場のTheatre1010(北千住マルイの上階)の雰囲気や規模にちょうどよくマッチしていました。

2008年1月、CS放送のスカパー!のシアターテレビジョンでも舞台が放映されました。

【出  演】
蝶々さん:島田歌穂
コレル夫人:剣幸
アービン宣教師:戸井勝海
書生(木原君):山本匠馬
ケイト夫人:小野妃香里  他

【スタッフ】
作     :市川森一
音   楽:島  健
台本・作詞:忠の仁
演   出:荻田浩一

| | Comments (2) | TrackBack (0)

«新国立劇場「さまよえるオランダ人」