« オペラを観るとき | Main | ヴェルディ「ナブッコ」 »

April 18, 2004

ヴェルディ「アイーダ」

アイーダ:マリア・キアーラ
ラダメス:ルチアーノ・パヴァロッティ
アムネリス:ゲーナ・ディミトローヴァ
ロリン・マゼール指揮 ミラノ・スカラ座 1986年

初めて観た「アイーダ」は、ゆりかもめさんが貸してくださったドミンゴ主演のメトロポリタンの作品だった。ジャケットが豪華で、一大スペクタクル・・という雰囲気が伝わってきて、何故かすぐには観れなかった。エネルギーのある作品は、こちらも覚悟や元気がないと観れないこともある。しかしいざ観始めたら、キリスト教文化圏ではないエジプトやエチオピアの話が非常に面白かった。特に軍人ラダメスが出陣前の儀式の様子など、かなり神秘的に描かれていてあちらの世界にトリップしそうなほどだった。音楽では「凱旋のテーマ」など、金管曲でもおなじみのメロディックな旋律が多い。名作である。(参考サイトはこちらへ http://www1.linkclub.or.jp/~medaka34/aidabbdl.html)

スカパーではパヴァロッティ主演の「アイーダ」が入る。ミラノ・スカラ座公演のもの。メトロポリタンの作品と比較してみると、スカラの方が神秘的でウェットな雰囲気。やはりヨーロッパらしさなのだろうか。メトロポリタン(アメリカ)の演出は豪華で分かりやすく、色彩としてはゴールドを多用していたが、どちらも全く趣が違ったので楽しめた。

|

« オペラを観るとき | Main | ヴェルディ「ナブッコ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26686/455869

Listed below are links to weblogs that reference ヴェルディ「アイーダ」:

« オペラを観るとき | Main | ヴェルディ「ナブッコ」 »