« 皇妃エリザベート | Main | 「屋根の上のヴァイオリン弾き」 »

May 22, 2004

モーツァルト「フィガロの結婚」

イタリア・スポレートオペラ
指揮:アメデオ・モネッティ
演出:ルーチョ・ガブリエーレ・ドルチーニ
アルマヴィーア:ロドリーゴ・エステヴェス
伯爵夫人:ソフィア・ミトゥロプロス
フィガロ:フランチェスコ・ヴェルナ
スザンナ:マウラ・メンギーニ
ケルビーノ:サラ・ビアッキ
パントマイム:クラツィアーノ・シルチ

初めて「フィガロ」を観たのは、弘前でだった。アリアや曲数曲は知っていたけれど、ほとんど予備知識もなしに観てしまったので、正直「この話は・・なに?」とちょっとびっくりしたのも事実。f(^_^) オペラ評論家の永竹由幸さんが、ある本で「『フィガロの結婚』は乱交パーティです」と書かれていたものを後で読んだが、妙に納得できる。
でも何度かいろいろな「フィガロ」を観ていくうちに、がぜん面白くなってきた。オペラならではの突拍子もなさや強引なストーリーもあるにはあるけれど、演出が違ったり演奏者が違うとそれぞれに味わい深い。
ロッシーニの「セビリヤの理髪師」は、ストーリーとしては「フィガロ」よりも前の話。まだ結婚前のアルマヴィーア伯爵と、若きフィガロが出てくる。先日ようやく「セビリヤ」も観れたので、話の続きが以前よりも理解出来て面白かった。ドン・バジーリオが「フィガロには復讐をしてやる!」と歌うシーンなど、セビリヤを想い出して「なるほど~」つながった。

「フィガロ」の演奏で個人的にいちばんは、今までは1976年版だった。プライ、フレーニ、フィッシャーディスカウ、カナワ・・と豪華キャストの共演。映画版で見応え抜群! 
このスポレートオペラの演奏は、それとは対照的にごくシンプルで庶民的。でもそれがとてもよかった。モーツァルトが生きていた時代、もしかしたらこんな庶民的な上演も多くあったかもしれないなぁ。
スポレートオペラは、若きオペラ歌手の登竜門的要素があってこのコンクールで優勝して世界へ羽ばたいた歌手が多くいるという。以前ガルッピの「田舎の哲学者」を観た時は、あまりスポレートオペラのよさが分からずに、それよりはオケのピッチのずれがどうしても気になってしまったのだが・・今回のフィガロはアップテンポで、3時間弱で終っている。たいていが3時間を超える上演が多いだろうから、これは驚きだ。
歌手たちはアップテンポなのにとても自然に歌っているのだが、あれはかなり高度な技術を要するのだろう。感服!

|

« 皇妃エリザベート | Main | 「屋根の上のヴァイオリン弾き」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26686/632787

Listed below are links to weblogs that reference モーツァルト「フィガロの結婚」:

« 皇妃エリザベート | Main | 「屋根の上のヴァイオリン弾き」 »