« 映画「オペラ座の怪人」 | Main | 映画「Mバタフライ」 »

March 25, 2005

モーツァルト「魔笛 サーカス版」

chaga2
La Flute Enchantee(Cirque)
考案:クロード・サンテッリ、アレクシス・グリュース
演出:ベルナール・ブロカ
タミーノ:ドミニク・モラレス パミーナ:アリア・レイ=ジョリー
パパゲーノ:エフゲニー・アレクシエフ
夜の女王:ジョーン・ユーバンク
ザラストロ:ジョゼフ=ミゲル・リボー
パパゲーナ:ラレンカ・オアロ
コロン管弦楽団&合唱団 指揮:アンドレアス・ストール

普段モーツァルトをはじめ、いわゆる古典派の音楽を聴くことは少ない。古典派時代のオルガン作品は極端に少ないことも遠因だろうか(モーツァルト、ベートーヴェン、ハイドンらはそれぞれに自動演奏オルガンのための小品を残している)。モーツァルト作品は確かに美しいのだけれど、今まで取り立てて私のハートをつかむものではなかった。でももしかしたら、モーツァルトは個人的にはオペラ作品がいちばん好きかもしれない。
遅まきながら、モーツァルトの「魔笛」を観ることが出来た。しかもサーカス版! この直前に恐らくドイツ版らしいものを少し観ていたのだけれど・・これがまぁ何とも「忠実に再現」していて、演奏はよかったのだけれど、セットや演出が今ひとつあか抜けていなかった(ドイツの皆さん、ごめんなさい)。その直後に観たせいか、このサーカス版は非常に面白かった。しかも歌はもちろんドイツ語なのだが、語りの部分がフランス語! フランス大好きな私にはとっても嬉しくありがたかった♪ 演奏はフランス風なのか、微妙にそろっていなかったりして(フランスの皆さん、ごめんなさい)それも何だかご愛嬌だった。

この「魔笛」には想い出がある。まだ小学生の頃、いわゆる「芸術鑑賞教室」のようなもので体育館で数人の歌手の演奏を聴いた。その時にこの「魔笛」のパパゲーナとパパゲーノのアリアが入っていた。派手なセットも衣装もなくてほぼ歌だけだったのだけれど、その時の語りや歌は今でもまぶたに焼き付いている。幼い頃の記憶と体験というのは、とっても大切なものなのかもしれない。

全編を通して観て驚いたのは、有名な夜の女王のアリア。「ラソラシ♭ ドドドドドドドド ファ~、ファミファソ ララララララララ レ~♪」というあのフレーズである(こちらでMIDIを聴けます)。超高音でソプラノにとっては難曲であるだろうが、歌詞の意味を知りもしないで何となく印象としては歓喜にあふれた曲なのかなぁ・・と漠然と思っていたのだが、実は大違い!(このあたりは、映画「アマデウス」のシーンが焼きついているのかも) 夜の女王の怨念に満ちた復讐を誓う曲なのである。夜の女王もどちらかと言うと悪役に描かれていたし、後でもう少し丁寧にテキストや原作のあらすじを追ってみたいと思う。→いつも予備知識なしで観る人・・

演奏はどれもよかったが、特にパパゲーノのエフゲニー・アレクシエフとザラストロのジョゼフ=ミゲル・リボーが絶品。アレクシエフはフランス語での語りの部分もお茶目でそそっかしいパパゲーノをコミカルに演じ、リボーは格調高く存在感と美声をアピールしていた。神話の世界のイシスやオシリスは、ヴェルディの「アイーダ」にも描かれている。衣装はさり気なく日本のテイストも取り入れられていて、よく観るとザラストロの部下たちは日本の神官のようだったり、タミーノも日本の帯らしきものをしめていて面白かった。
サーカス版は思ったほど派手で華麗な演出ではなかったが、しかしサーカスの舞台で円形を用いながらの演出はやはり珍しく、親子連れが多くて気軽にオペラを楽しんでいた様子も日本ではあまり観られないので少しうらやましくもあった。

魔笛関連サイト 1) 2) 3)

|

« 映画「オペラ座の怪人」 | Main | 映画「Mバタフライ」 »

Comments

Thank you for posting this information about the Magic Flute production from 2001 with the Cirque National Alexis Gruss.

It was a true pleasure to participate in this historic production, and an honor to be presented on your website.

I am grateful for the kind attention you have given to this production, and pray one day to return again in Japan for performances.

Sincerely,
Dominique Moralez

Posted by: Dominique Moralez | July 18, 2011 at 05:49 PM

4手のための・・は、私もCDを持っています♪
以前モーツァルトとベートーヴェンのピアノ全集を持っていたのですが、あまり聴いていなくてもったいないので・・ピアノ科を目指していた知人に譲りました。f(^_^)
でもオルガン用の曲のピアノ演奏版だけは、今も手元に残しています。

Posted by: マキ | April 01, 2005 at 12:42 PM

マキさん

そのアイヴズの曲は知りませんねえ。
アイヴズの曲で私が好んで聴くのは、思い切りオーケストラものに
かたよってますが、
交響曲第4番
ロバート・ブラウニング序曲、
オーケストラルセット第2番、
答えられない質問、
といったところです。
モーツァルトのf-mollにはあと、
弦楽合奏版、4手ピアノ版などがありますね。

Posted by: でれすけ | March 31, 2005 at 10:37 AM

でれすけくん、モンテヴェルディのあのシリーズはなかなかグーですよねー。大げさなセットや衣装、それに素晴らしい演奏! 
確かにあれは何て言ってるんでしょう? 気になるなぁ。

モーツァルトのf-mollは名曲&難曲ですよねー。オルガニスト泣かせの曲のようです。私は残念ながら、モーツァルトは本格的には弾いたことがないのです。楽譜は少し持っているのですが、コンサートでは弾いていません。
木管五重奏用のアレンジもあったなんて! 初耳です。

そう言えば、今日見ていたスカパーの「ダンスへの招待」というコンテンポラリーダンスを紹介する番組があるのですが、それで確かヌレエフ振付のバレエで突然アイヴズの「Variations on America」の曲が聞こえて・・びっくりしました。
この曲はご存知ですか? 英国国歌がモチーフになっています。
私はすっかりオルガンソロ曲と思っていたのですが、他のアレンジもあったんですねぇ。

Posted by: マキ | March 31, 2005 at 12:44 AM

話は戻りますが、モーツァルトの、
おそらく自動演奏オルガン用の音楽である、
幻想曲f-moll k.608
は好きな曲です。モーツァルトっぽくない
ところがまた魅力でもあります。
この曲、いろんな編曲があって、
木管五重奏用の編曲もありますが、
(私はやったことはありませんが、)
やはり聴くぶんには、オルガンの演奏が
もっともはまっているように思います。

Posted by: でれすけ | March 30, 2005 at 05:15 PM

マキさん

イースターおめでとうございます。
おうちが教会では、イースター、クリスマスなどは
さぞやお忙しいでしょうね。
おつかれさまです。

脱線しますが、いま、お借りしたモンテヴェルディのオルフェオを
鑑賞しておりますが、
みんながそろって
「アイーン」
と言っているようにきこえる箇所があって、
勝手に気になってます
(わからない外国語を 聴いているとよくある現象ですね。
私には、フニクリフニクラのサビの部分が
「ヤン坊、ヤン坊、ここ山や」
ともきこえます)

Posted by: でれすけ | March 28, 2005 at 05:09 PM

でれすけくん、イースターおめでとうございます☆
コロン管弦楽団・・は、スカパーのシアターテレヴィジョンの邦訳のまま載せました。後で原語を確認してみますね~。

今日はイースター礼拝後に臨時教会総会、お墓参り、出張聖餐もあり盛りだくさんでした。
出張聖餐でお邪魔したお宅に確かバッハ全集があったことを思い出して(!)5月に演奏予定のバッハのカンタータのCDを2枚ほどお借り出来て嬉しかったです♪ ついでにサラ・ブライトマンも借りてしまいました。\(^0^)/ ゆっくり聴けることが楽しみです。

Posted by: マキ | March 28, 2005 at 01:27 AM

コロン管弦楽団でいいのでしょうか?
コロンヌではなくて?

Posted by: でれすけ | March 27, 2005 at 09:23 AM

名前が引昌になったりでれすけになったりして
申し訳ございません
m(_!_)m

Posted by: でれすけ | March 27, 2005 at 09:20 AM

そうです。
おたのしみいただけたようでうれしくおもいます(^-^)

Posted by: でれすけ | March 27, 2005 at 09:17 AM

引昌さん、今晩は。
「魔笛」お聞きになったんですね~。うらやましい! まさに「笛」が大活躍しますものね。(^◇^)ノ
今日は1974年スウェーデン版映画オペラ「魔笛」が入りました♪ まだ録画しただけだけれど、北欧って微妙にボディタッチが多いような・・(爆)。前も不思議なノリの「アイーダ」スウェーデン版を観たっけ。

そうそう、今日は午前中会津だったので、行き帰りにいただいたMDを聴けました。
「ピー太郎と狼」、大変面白かったです~。何というかこてこてですよね。
山本直純さんって、今思うと「オーケストラがやって来た」など、和製バーンスタインみたいだなぁって今日改めて思いました。
いただいた演奏はこちらかな?
http://www.millionconcert.co.jp/cdtop.html

Posted by: マキ | March 27, 2005 at 01:52 AM

きのう魔笛を聴いてきたんですよ。
ただしフルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ
という編成の室内楽で。
(魔笛当時の編曲だそうです)
おとといもらったチケットで上野の文化会館で
都響をきき(すばらしかった!)、そのとき知った
翌日(きのう)の無料コンサート(場所同じ)で
聴いたのです。フルートは都響首席のT本さん。
すばらしい!T本さん、やはりまちがいなく
現在日本最高のフルーティストでしょう
(ほかに、モーツァルトのカルテットなど)。

Posted by: 引昌 | March 26, 2005 at 09:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26686/3431050

Listed below are links to weblogs that reference モーツァルト「魔笛 サーカス版」:

» gomez article [gomes blog]
it's my opinion on that theme [Read More]

Tracked on April 27, 2006 at 10:45 PM

« 映画「オペラ座の怪人」 | Main | 映画「Mバタフライ」 »