« May 2005 | Main | July 2005 »

June 12, 2005

劇団四季「オンディーヌ」

nomura02
昨日は劇団四季の郡山公演がありまして行って来ました。福島は一日のみ、郡山のみでした。福島県は福島市の方が大きいのかな?と思っていたのですが、意外に郡山の方が会津やいわきへのアクセスもよいのか栄えているような気がします。東北新幹線の沿線にしては、駅周辺もお店がたくさんあります。
実はこの公演を知ったのは、弘前ででした。最近スカパー!オンリーで地上波を見なくなってしまったので、CMをほとんど見ません。そうなると近隣の公演に少し疎くなります・・。弘前で青森公演があることを知り、ネットで探したらやはり郡山でも♪ おまけに残席があったので、安い席を予約してみました。

最近何かと小さな用事等で忙しくて、結局「オンディーヌ」の予習をまったく出来ずに出かけました。行って驚いたのは、ミュージカルではない!(笑) 四季って劇もやるのですね~。でもミュージカルもよいけれど歌は好調・不調が出やすいですし、声は後ろまでよく通ってむしろ思っていた以上に楽しむことが出来ました。四季の劇ってよいかも!
実は以前、やはり地方公演で「ジーザス・クライスト・スーパー・スター」を観たのですが残念ながらあまりよくなかったのです・・。悪くはないけれどよくもない。もっともロングランではなくて一日のみの公演だったので、そのあたりの限界もあったのかもしれません。その後仙台のロングランで行った「CATS」はかなりよかった。
珍しく一緒に行った連れ合いはすっかりがっかりして、それ以来舞台やミュージカルに誘ってもなかなか同行してくれなくなりました。(-"- ) ( -"-)

オンディーヌは水の精です。世界の各地に残っているアニミズム信仰がベースになっています。ストーリーはどこかアンデルセンの「人魚姫」のような、また20世紀のオペラではドヴォルザークの「ルサルカ」がほぼ同一のストーリーだそうです。とても切ないお話でした。
舞台の細やかさと地方公演(1-2回のみの公演)でもセットが豪華なのはさすがです! 衣装も素晴らしく、目と耳のよい保養になりました☆
ストーリーの詳細はこちらへどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »