« 王女メディア | Main | 永遠のマリア・カラス »

February 23, 2009

Musical『ダウンタウン物語』

Redv00069_l

アラン・パーカーのデビュー作で、14歳で妖艶な歌姫タルーラを演ずるジョディ・フォスターは「タクシードライバー」の次作だとか。子どもたちのみが登場して、ちびっこギャングの様子を描く異色作。抗争のシーンでは漆喰銃やパイ投げ・・というあたりが子どもらしくて、思わずにやりとしてしまう。

後にミュージカル『Evita!』などを撮るアラン・パーカー監督。作品全体のトーンや色合いは、やはり彼らしい。暗くて重めの色調。子どもたちのちょっと気取った生意気なぐらいの演技がとてもよい。ファット・サムやダンディ・ダンなど、大人顔負けの演技。音楽としては、思ったほど印象には残っていないのが少し残念。

それにしてもジョディ・フォスターは、大人になってからよりも子ども時代の方がセクシーかも!? この作品が作られた1976年と現代とでは、子どもたちを取り巻く状況がだいぶ変わってきている。セクシーさをにおわせる子役の起用が、今は許されるかというと難しいような気がする。

|

« 王女メディア | Main | 永遠のマリア・カラス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26686/44154555

Listed below are links to weblogs that reference Musical『ダウンタウン物語』:

« 王女メディア | Main | 永遠のマリア・カラス »