« October 2009 | Main | April 2011 »

March 28, 2011

ヒバクシャ 世界の終わりに

4523215021234

まさかこんなタイミングで鑑賞するとは夢にも思っていなかった・・。福島の原発事故のさなか、「原発休暇(?)」ともいうべき時間がぽっかりと与えられた。
ずいぶん前に録画していて観られなかった本作品。

湾岸戦争で使われた劣化ウラン弾によって、イラクでは子どもたちの白血病が急激に増えた。日本に原爆を投下したあの国は、ほかの国でも同じような・・いやもっと見えにくいことをしている。
広島で被爆された肥田舜太郎医師と、アメリカのハンフォード。いつも事故や災害が起こる前は、反対運動をしている預言者のような人々は時に疎まれ笑いの的でさえある。ハンフォード近くで作られた農作物は、世界各地に輸出もされている。何十年後かの責任はいったい誰がとるのだろうか。

しかし、事故が起きてからでは全てが遅いのだ・・。自分自身を含めて、どこか他人ごとだった私たち。しっかりこの作品も鑑賞してほしい。公式サイトはこちらへ
鎌仲ひとみ監督は「六ヶ所村ラプソディ」も撮っている。次はぜひ、そちらも鑑賞したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | April 2011 »