September 18, 2004

バレエ「こうもり」

振付:ローラン・プティ
ベラ:アレッサンドラ・フェリ
ヨハン:マッシモ・ムッル
ウルリッヒ:ルイジ・ボニーノ
チャルダッシュ・ソロ:ミック・ゼニ
ミラノ・スカラ座バレエ&管弦楽団
指揮:ケヴィン・ローズ
編曲:ダグラス・ガムリー
2003年アルチンボルディ劇場 ミラノ

こんなに楽しいバレエは初めてだったかもしれない! オペレッタで有名な「こうもり」のバレエ版。全体に非常にコミカルで、とても楽しかった。
ストーリーは原作とは異なる部分も多く、例えば小間使いのアデーレらしき人は登場するけれど、准主役のようには活躍せず、最初と最後に登場するのみ。アイゼンシュタイン伯爵のようなヨハンは、何と本当にこうもりの羽が付いて空中を飛んでしまう!! そしてムッル扮するヨハンのエレガントなこと・・。ずい分と美しいこうもりだ。
オルロフスキー公爵のパーティのシーンが、バレエではカフェでのパーティになっていてそれもオーストリアっぽくて(もしかしてプティだから、フランス??)小気味よかった。ウルリッヒ役のルイジは、ドリフターズの加藤茶かまたはチャップリンよろしくコミカルで表情豊か。
舞台を観劇した方の感想は、こちらのサイトへどうぞ。

オペラにはまったのと同じ頃、バレエも大好きになった。パリのオペラ・ガルニエで「嵐が丘」のバレエを観たこと、オペラ・バスチーユでオペラ「ファウスト」を観たこと・・これらが、どちらもファンになる決定的な要因になった☆
演奏家とはまた違った踊り手たちの厳しさと、本番まで高め昇華させていく様子に非常に惹かれる。秋冬のコンサートへ向けて練習に励むこの頃だが、ダンサーのレッスンと練習量を思い、いつも気を引き締められている。
中学生の頃だったか、後輩が有吉京子さんの「白鳥 ~Swan」というバレエコミックを貸してくれて一気に読んだことがあった。そのコミックを、中古屋さんでみつけては実に久しぶりに読んでいるのだが、あの時の感動がたちまちよみがえり、そして主にTV鑑賞が多いが以前よりもバレエ公演を観るようになったので、さらに深く理解が出来て面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)