« June 2005 | Main | August 2005 »

July 20, 2005

夏期ゼミナールご案内

皆様 同盟から横山です。

「全国学生YMCA賛助会セミナー」にご出席を頂きました方、ありがとうございました。連休中日であり、蒸し暑い日でしたが、関田先生から丁寧に聖書と照らし合わせ、私たちの平和への使命が語られました。

近日、YMCAオリエンテーション・シリーズとして小冊子化し、ご参加いただけなかった方とも広く共有し、平和の問題を考える上での指針として行けたらと願っています。

さて、今年の夏期ゼミナールのご案内をいたします。
すでに第1報として6月から配布しておりますが、詳細が決まりました。各大学Y、都市Y、賛助会員の皆様など順次、ご案内を送付中です。

どうぞいまからご予定ください!一人でも多くの方からご参加をいただき、交わりと学び、祈りの時を持つことができましたら幸いです。また、昨年はピースキャラバンのゲスト参加がありましたが、今回はWSCFアジア太平洋地域の新セクレタリーであるネクタさんを招聘します。皆様のご参加をお待ちしています。

***************
第33回全国学生YMCA夏期ゼミナール
「今こそ、平和を考える-憲法九条をめぐって」

日時:2005年9月2日(金)14:00集合-9月4日(日)13:00解散
場所:日本YMCA同盟国際青少年センター東山荘

講師:高田 健 氏(国際経済研究所代表)
    藤井 創 氏(金城学院大学教授・宗教主事)

ゲスト:Ms. Necta Montes Rocas (WSCF・AP Regional Secretary)

参加費:17,000円(2泊3日、宿泊・食事、資料代込み)
どなたでもご参加いただけます。部分参加も可能ですのでご相談ください。

主催・申し込み先:日本YMCA同盟 締め切り:8月25日(木)

呼びかけ文より
*平和についてかんがえる
ここ数年さまざまな有事法制が成立し、さらに教育基本法改正、憲法改正の動きが進んでいます。平和な世界を築くために、国際貢献のためにと謳われているにも関わらず、戦後60年のいま、日本と近隣諸国の関係が悪くなっているのはなぜでしょうか。平和な世界を築くためには、適正な武力が必要だというのは本当でしょうか。
「平和」について私たちは何をどのように見て、考えればいいのか、いま、共に立ち止まって考えてみませんか。

*仲間と聖書に聴き、問いかけ、希望とともに歩もう!
私たちは今どう生き、何を考え、どう行動すべきなのでしょうか。
イエスやイエスに触れた人々の歩みから、その問いは、きっと深められ、新たな世界が開けるでしょう。はじめての方もいっしょに読んでみませんか。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
横山 由利亜

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 16, 2005

広島大学YMCAホームページ

広島大学YMCAのホームページが出来ました☆
http://www.geocities.jp/hiroshimadaigakuymca/

どうぞお訪ねくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 15, 2005

小森陽一氏と高橋哲哉氏 講演記録

昨年度の夏期ゼミで講演を頂いた小森陽一さんの講演記録が出来ました。
今後、憲法改正に向けての動きが急速に進むことが予想されます。広くこの講演の内容をシェアする願いから

YMCAスタディシリーズ 講演記録集
 憲法と教育基本法
 小森陽一 学生YMCA夏期ゼミナール講演」

としてどなたでも手に取りやすい、読み易い形で発刊しました。
個人ではもちろん、学習会の実施や教会での配布などに用いていただけましたら幸いです。

学生YMCA賛助会員の皆様には順次お送りしております。
お求め頂く場合は1冊200円(送料別)になります。
すぐにお送りできますので、横山までご連絡ください。

また、いま靖国問題がマスコミでも大きく取り上げられ、高橋哲哉さんの「靖国問題」(筑摩書房)「戦後責任論」(講談社)がベストセラーにもなっています。

2001年度夏期ゼミナールで高橋哲哉氏を招いて靖国とは何かということと、その問題性を私たちの戦後責任の視点から、非常に丁寧にお話を頂いています。
学生YMCA機関紙きざし第27号にまとめられています。
こちらも希望があれば、お分けできますので、あわせてご連絡ください。

学Yとしてリソースで来て頂いている方々の貴重な内容を、広くシェアをしていきたいと思っています。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »