« シニアミリアム、開会礼拝?メッセージ(長倉 望牧師) | Main | WHAT’S UP NOW③ 九州大学YMCA100周年 »

August 07, 2006

シニアミリアム 報告

■シニアミリアム 報告■ (福田奈里子 WSCF地域女性委員)

2006年 7/22(土)-7/24(月) 学Yシニアの有志の企画で、「シニアミリアム」なるプログラムを実施しました。学YMLの不具合で、ML上の皆さんには当日のお知らせになりましたが、そのメールを見て(!)参加してくださった方もあり、学Y女性プログラムである「ミリアム」に熱ーい思いを込めた女性・男性参加者の皆さんで、大変有意義な時間を持つことができました。以下ご報告いたします。

参加者:さっちー、のんちゃん、草じい、MAKIさん、としぼん、Aさん、nonちゃん、まんぷく丸、まむしくん、あきちゃん

ちびっこ参加者:ゆうちゃん、ちびズちゃん、そー、あき

こゆりさんも参加予定でしたが、当日バス乗り場まで行って具合が悪くなり、ダウンされたそうです・・・お大事になさって下さい♪

プログラム主旨:学Y出身のシニアが、それぞれの場で、学Yで得たものをどのように社会生活に活かしているか、またそうすることで直面しているチャレンジは何か、などをシェアし、また、日頃の「うっぷん」や「不安」や「迷い」も含めて、自由に語り合いながら、これから生きていくエネルギーを分ち合う。

プログラム内容:
土曜日:午前中に集合、交わりのとき
 日曜日:四街道教会礼拝に出席
     午後、学生部委員会メンバーはそちらに出席  夕方、教会の夕拝
     夜、学生部委員会後に委員やスタッフが合流
 月曜日:交わりのとき

私は、日曜日夜からの参加だったのですが、着いたときには4歳のちびっこ達が、興奮気味に歌い・踊り、赤ちゃん達は、まむしさん(水谷さん)と長倉さんのひざの上で、ミルクを飲んでいて、「学Yシニアがプログラムをやると、こんなことになるのかー。」という光景でした。新しい集会のあり方としても、とても参考になりました。
99496174_37
99496631_92
残念ながら翌日勤務のある田原さんはもう帰られていましたが、その他の参加者で、自己紹介&近況報告から会をはじめました。といっても、この長ーい自己紹介だけでこの日のプログラムは終わってしまったのですが・・・。

出てきたトピックは・・・
・女性と男性(あるいは同性カップルの)パートナーシップについて
・シングルで生きる時に直面するチャレンジ(30代働くシングル女子の3大鬼門あるいは地雷…1.仕事の行き詰まり 2.婚姻外レンアイのお誘い 3.婦人科系の疾病)
・学Yの今の様子とシニアにできるサポートは何か?
・「働く」ということ
・社会人としていま直面している困難&その乗り越え方
・子育てと社会参加について
・育児支援のあり方
・リプロダクティブ ヘルス&ライツ
・老後の生活について(グループホーム「ミリアム」設立???なんちゃって。)

といったところでしょうか。それぞれに内容が濃いので自己紹介しながら、「そうそう!」などと始まって、充分深いディスカッション&シェアリングができました。

翌日月曜日は、朝食後、しばらく昨日の続きを話したり、これからの学Yのことなどについて自由に話をしました。最後に全員で写真を撮って解散。

シニアミリアムのこれから:
学Yで様々な体験をして、それらを活かしながら社会で活躍する仲間たちに会えたことは大きな喜びでした。また、そのような学Yでの学びを充分に生かしきれていない・・・などと自信を失ったり、凹んだりするのも、みんないっしょなんだ・・・ということを知り、「悩んだり迷ったりするのは、私、一人じゃない。この仲間 が(ここに集っていない人たちも含めて)いるから、私も自分の場所で、頑張ろう!」という勇気をそれぞれが与えられたと思います。

同時に、このような深い出会いと交わりと学びを与えられた場である学Yに、どのような形で「つながって」いけるか、が私たちシニアの課題であるように思いました。シニア自身もそれぞれのライフ・ステージで様々な課題や困難にぶつかっていることも今回良くわかっ たので、このような緩やかかつ、元気付けのできる、シニアの会を学Y賛助会セミナーと平行しながらやっていけたら・・・と思います。
また、現役学生の皆さんへのサポート体制を少しずつでも作っていこうということになり、今回、「学Yシニア・リソース・リスト」を作ろうという案が挙がりました。これは、学Yシニアで、直接または間接的に学Yのプログラムなどで、必要に応じて(テーマ別に)リソースパーソン(とまでいかなくても、相談役として)になれそうな人たちを一覧にして、学Yプログラムに役立ててもらおう、という主旨のものです。今回は「ミリアム」という形で集まりましたが、ジェンダー・セクシュアリティー以外のテーマでももちろん加わっていただきたく思います。(そこに、やはり「女性」のエンパワメントに力をいれつつ・・・という感じです。)現役の学生さんたちが、学Y卒業後の就職や生き方について考える時に、こういう選択肢もあるよ」ということを伝えたり、「こんなチャレンジにあったときはこんな風に乗り越えてきたよ・・・」というケーススタディ(?)付で、現役学生の皆さんとシェアできたらいいな、と思います。
  
最後に、この企画は、学Yシニアの最近の様子を知りたい&現在の学Yに力を貸していただきたい・・・などという個人的な発想から、有志で(学Y本プログラムではない形で)企画を致しました。そのため、シニアの方全員にこの連絡が行き届かなかったとことをお詫びいたします。今回は、パイロットプログラムのようなもので、今回の会を参考にしながら、シニアの会の持ち方について学生部委員会で検討しつつ、本プログラムとして、何らかの形で会をもてたら・・・と思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

長くなりましたが、報告は以上です。
99496174_117
99496174_146

|

« シニアミリアム、開会礼拝?メッセージ(長倉 望牧師) | Main | WHAT’S UP NOW③ 九州大学YMCA100周年 »

Comments

7月末のある日、千葉のY教会で行われた有志による企画をしたシニアミリアムへ参加しました。途中学生YMCAの会議も入っていたので東京と千葉を何度か往復しましたが、身体は疲れたけれどもすごーくよい会合でした。

ミリアムとは、ジェンダーやセクシュアリティなどを中心に自身の生き方について考え実践していくグループと言えばよいでしょうか。学生YMCAの中でもとても大事に思っている交わりの1つです。10年前は私もまだ若くて元気な(や、今とはまた違った意味で。笑)スタッフ、他のメンバーは学生だったり一緒にスタッフをしたり。そんな人々がパートナーを得たり子どもが生まれたり、またはシングルでしっかりと歩んでいたり・・と様々な歩みをしています。ツインズが生まれた友人夫妻がいたので、最初は「よし、じゃあおうちをなかなか出られないだろうから、こちらから行こうか♪」と言ったような軽いノリで企画をしました。
結果は写真のような子どももたくさんのとってもほんわかで深い、そして自然に互いがカウンセリングを出来るようなとってもよい会になりました。ぜひこれで終わらせるのではなくて、またゆるやかに続けていきたいです。それぞれが素晴らしいリソースやたまものを持っているもんね。学生YMCAバンクも作りたいね。(⌒‐⌒) 久しぶりに再会出来た方も多くて、とっても嬉しかった☆

Posted by: マキ | September 12, 2006 at 12:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26686/11865636

Listed below are links to weblogs that reference シニアミリアム 報告 :

« シニアミリアム、開会礼拝?メッセージ(長倉 望牧師) | Main | WHAT’S UP NOW③ 九州大学YMCA100周年 »