« WHAT’S UP NOW① 学生YMCA賛助会西日本地区セミナー | Main | 関東地区 9月の聖書を読む会 »

September 15, 2006

全国学生YMCA賛助会 ニュースレター20号より

人を育てる使命
日本YMCA同盟理事長 中川 善博

 全国学生YMCA賛助会が発足して6年になります。また、全国の学Yに連なる若者たちの信仰と友情を育み、生き方を問いあったあの東山荘も昨年90年を迎えました。
 学生YMCAの歴史は、先駆けともなる熊本バンドや札幌農学校から数えてほぼ130年、今日の学Yにつながる旧制高等学校に設立されてから、120年を近く迎えようとしています。この間、学生YMCAで育った青年達が、社会で活躍するとともに、YMCAのスタッフやレイパ-スンとして、各地のYMCA運動を担って来ました。
 YMCAは一貫して人を育てることを使命として来ましたが、学生YMCAは将にそうした場として、聖書を通して真摯に生き方を問い求める場であり、仲間と出会う場であると言えます。それは何時の時代にも変わらず受継がれて来ました。
 青年が、自らの生き方への問いかけを止めたとき青春は終わり、YMCAが祈りと聖書を忘れたとき、YMCAでなくなると言えますが、学生YMCAは、学生という場を通して自らの生き方を、聖書に問いながら共に学んで行くところであり、その拡がりが学Y運動であると思います。
近年、大学改革が進み、大学や学生生活が変わっていく中で、活動を休止していた学YやSCAが再建され、インターカレジエイトな活動も活性化しつつあることは大変心強いことです。学Yを学生時代だけの関わりで終わるのではなく、社会の中にあっても聖書を通して自己の生き方を問いつつ、YMCA運動の担い手・支え手として、つながりをもち続けて欲しいと願っています。
 この一年あまり、日本のいくつかの都市YMCAや学生YMCAで100年を越える記念の集いがもたれました。富国強兵のナショナリズムが勃興する中で、若きキリスト者たちが、厳しい社会の目を受けながらも強い信仰と溢れる使命感のもとに、立ち上げたそれぞれのYMCAの歴史に触れる時、改めて深い感動を覚えます。
 なかでも、この4月に100年を迎えた在日本韓国YMCAにとっては、苛酷な植民地支配の時代やさまざまな苦難が続く100年でありました。とりわけ1919年朝鮮に於けるいわゆる3・1独立運動の導火線となった独立宣言が、在日本東京朝鮮キリスト教青年会で韓国朝鮮の若きキリスト者や学生達によって行われたことは、韓国近代史にとって欠くことのできない出来事であり、そうした歴史をもつ在日本韓国YMCA100年の意味の重さを感じます。同時にYMCA運動の使命や役割を問いかけていることに深く考えさせられます。
 日本のYMCA運動は、いま多くの課題に直面しています。特に、公益法人改革はYMCAの今後のあり方に影響を及ぼしかねない問題であり、法人格や寮をもつ学Yへの影響も考えられます。また、個々のYMCAは、財務面や事業面での問題とともに、ボランタリ-ム-ブメントとしての組織維持の人材が課題となって来ています。学Yが、日本のYMCA運動を担って来たように、今また、YMCA運動の担い手を次々と生み育てて行くことが求められています。
 その面からも、明日を担う学Yの活動を支える賛助会を、もり立てて行きたいものです。 (関西大学YMCA OB)

|

« WHAT’S UP NOW① 学生YMCA賛助会西日本地区セミナー | Main | 関東地区 9月の聖書を読む会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 全国学生YMCA賛助会 ニュースレター20号より:

« WHAT’S UP NOW① 学生YMCA賛助会西日本地区セミナー | Main | 関東地区 9月の聖書を読む会 »