« 11月の関東地区聖研報告 | Main | 関東地区聖書を読む会報告 »

December 18, 2007

第13回学生YMCAインド・スタディキャンプご案内

みなさま
四谷(同盟事務所)から草島です。

第13回学生YMCAインド・スタディキャンプのご案内です。
主催:日本YMCA同盟全国協力 学生YMCA
期間:2008年2月25日(月)~3月13日(木)
滞在先:アンブマナイ・ボーイズホーム(インド、タミールナドゥ州)
     インドSCMハウス(インド、バンガロール)
募集人数:8名前後(但し男女比等グループの構成上、定員を超える場合は書類選考となります。最小催行人数6名)
参加費:210,000円(渡航費及び現地滞在費含む)
申込み方法・締切:「第13回学生YMCAインド・スタディキャンプ
参加申込み書」にご記入の上、2008年1月10日(木)まで(必着)に下記事務所までファックス・メールにて。

*前回団長からの呼びかけ*
第12回団長 有住 航
(前関西地区共働スタッフ・関西学院大学神学部院生)

わたしたちはすぐに「宿題」に対する「答え」を欲しがります。
しかし、本当に大切なことは安易な「答え」に安住することではなくて、宿題(問い)と答えの「途上に立ち続けること」、つまり「悩み続けること」ではないでしょうか。イギリスのロックバンド、「ザ・フー」のギタリストであるピート・タウンゼントさんはロックンロールをこのように表現しています。「ロックンロールは、別に俺たちを苦悩から解放してもくれないし、逃避させてもくれない。ただ、悩んだまま躍らせるのだ。」
わたしたちにとってのインド・スタディキャンプは、わたしたちを日常の苦悩から解放してくれるものでも、見たくもない嫌なことから逃避させてくれるものでもありません。ただわたしたちを、インドという地の只中で、悩んだまま躍らせてくれるものなのだと思います。
インド・スタディキャンプは、そのキャンプ期間中だけが「キャンプのすべて」ではありません。わたしたちのインドへの旅はキャンプ後もずっと続いていきます。インドで出会うであろうたくさんの「宿題」に向きあうための旅を共にする愛すべき仲間がこの旅を通じて得られるなら、これに勝る喜びはありません。一人でも多くの新しい仲間が第13回インドスタディキャンプに参加されることを心から望んでいます。

申し込み・問い合わせ先
日本YMCA同盟全国協力 学生YMCA
横山由利亜・草島 豊
〒160-0003東京都新宿区本塩町7
TEL03-5367-6645/FAX03-5367-6641

※ 国際情勢の影響で急遽渡航中止という可能性もありますことをご了承ください。

「13回要項パンフ(ワードファイル)」をダウンロード

|

« 11月の関東地区聖研報告 | Main | 関東地区聖書を読む会報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第13回学生YMCAインド・スタディキャンプご案内:

« 11月の関東地区聖研報告 | Main | 関東地区聖書を読む会報告 »