« 遠藤比呂通講演会「聖書の内なる靖国」のご案内 | Main | 関東地区学生YMCA「聖書を読む会」 »

January 08, 2009

ICU宗務部:問思堂企画「野宿者の立ち上げたリサイクルショップ『あうん』スタッフと『仕事』について語ろう」のお知らせ

学Yに連なるみなさん

どうも四ツ谷よりありずみわたるです。
年末に「在日社員本名裁判元原告、徐さんと語る」というプログラムの案内を、ICU学生YMCA顧問の北原葉子先生より頂き、転送しましたが、また新しいプログラムの案内が届きました。

今回の講師は、学Yシニアである中村あずささんです。
関東にお住まいのみなさんぜひぜひ。
転送大歓迎のことなので、お誘い合わせの上、どうぞお越しください。

以下、詳細です。

**ココカラ**
宗務部:問思堂
「野宿者の立ち上げたリサイクルショップ『あうん』スタッフと『仕事』について語ろう」

中村あずささん(川崎戸手伝道所教会員)は、池袋西公園での炊き出 し、野宿者支援、「あうん」のスタッフ、フリースクールでの不登校の生徒との関わり、横浜の日雇い労働者の町寿での活動など、様々なフィルドで活動してきた方です。中村さんを囲んで、「仕事」について、自分の思いを語りませんか。

 日時:1月14日(水)午後7時-8時半
 場所:国際基督教大学旧D館、213(キリスト教図書室)
 問い会わせは、担当 北原葉子牧師まで

 問思堂は、学期中水曜日の夜に行われています。キリスト教に限らず、さまざまなテーマを巡って、語り合う会です。

**ココマデ**

|

« 遠藤比呂通講演会「聖書の内なる靖国」のご案内 | Main | 関東地区学生YMCA「聖書を読む会」 »

Comments

学Yにも基督教にも直接は関係ないけど、
[希望]に関する面白そうなもの発見しました。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
希望は終わらない
-希望学プロジェクト成果報告会2005-2008-

日頃からよく口にする言葉では必ずしもない。
けれども、しばしば耳にしたり目にしたりする言葉。
それが「希望」だ。
希望って何だろう。
なぜ人は、希望をときに失いながら、
それでも希望を求め続けるのだろうか。

# 日時: 2009年3月4日(水曜) 午後2時30分-午後6時30分
# 会場: 東京ウィメンズプラザ・ホール (東京都渋谷区神宮前5-53-67)
# 主催: 東京大学社会科学研究所 希望学プロジェクト
# 参加: 参加無料 → 事前登録制(先着250名)

http://project.iss.u-tokyo.ac.jp/hope/symposium/090304_symposium.html
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

Posted by: ほしいも | February 23, 2009 03:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ICU宗務部:問思堂企画「野宿者の立ち上げたリサイクルショップ『あうん』スタッフと『仕事』について語ろう」のお知らせ:

« 遠藤比呂通講演会「聖書の内なる靖国」のご案内 | Main | 関東地区学生YMCA「聖書を読む会」 »