« June 2009 | Main | November 2009 »

August 16, 2009

09年度夏期ゼミご案内

学Yに連なる皆様

トーキョーは四ツ谷の日本YMCA同盟より、有住です。
なんだか暑い日々が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ夏本番なのでしょうか。

夏、ということで、以前お知らせいたしました夏期ゼミのリマインドです。
詳細に関しては、下記のお誘い文を見ていただきたく思いますが、今年の夏期ゼミも、運営委員会の学生たちが知恵と汗をしぼり、準備を進めています。

すでに全国各地から続々と参加申し込みが届いていますが、申込のまだの方は、8月21日(金)の締め切りまでにお済ましいただければ幸いです。

またお近くのご友人なお仲間と誘い合ってご参加ください♪

詳細希望の方は、有住までお気軽にお尋ねください。

東山荘で会いましょう!

***
テーマ:<下>を向いて歩こう~自(分/文)化理解を求めて~
日時:2009年9月11日(金)~13日(日) *プレミーティングは9月10日(木)から*

会場:YMCA東山荘(静岡県御殿場市東山1052)
主催:特定公益増進法人(財)日本YMCA同盟
企画・運営:第37回夏期ゼミ運営委員会
講師:矢田早苗氏(NPO法人アサーティブジャパン認定トレーナー)
    曲田統氏(中央大学法学部准教授)
    新免貢氏(宮城学院女子大学教授)
参加費:17,000円(2泊3日、宿泊・食事。資料代込み)
*プレミーティングからの参加は22,000円(3泊4日、宿泊・食事・資料代込み)
*部分参加可

*学生YMCA OB/OG会は、12日(土)19:00-21:00に「いま、学生YMCAの伝えるキリスト教とは・・・」と題して行います。
*遠隔地からの学生参加者には旅費の補助が半額程度ありますが、格安チケット・学割などの利用を必ずお願いしています。
*ワイズメンズクラブ国際協会東西日本区および全国学生YMCA賛助会よりご支援をいただいております。

「09申し込み.doc」をダウンロード&問い合わせ:
日本YMCA同盟 〒160-0003 東京都新宿区本塩町7

担当:有住(ありずみ)・横山(よこやま)
TEL:03-5367-6640  FAX:03-5367-6641
E-mail: info@ymcajapan.org
*参加を希望する方は、申込書に必要事項を記入の上、日本YMCA同盟まで郵送またはFAXにて申し込んでください。
申込締め切り:2009年8月21日(金) 必着

運営委員長よりみなさんへ:
「下を向いて歩こう」と聞いて驚いた人もいることでしょう。テーマ決定の背景には、夏期ゼミ実行委員の思いが込められています。それは、自分がどんな時代に生きているのかを見つめ直し、自分は何者なのかを認識したいという思いです。
過去にYMCAのプログラムに参加した経験のある人は、「海外を見たい、知りたいと思い参加したが、日本についてよく知らない、説明できないことだらけだ」、あるいは「日本や自分も貧困や戦争に間接的に加担していた。間接的に関わる社会構造が存在している」という気づきがあったかもしれません。
これらに共通することはプログラムを通して、出会い、考えることが気づきを生むということです。他者の存在が自分と相手を客観的、相対的に見ることのできる「新しい目」をもたらし、その結果自分自身の再理解に繋がるのではないかと感じ、今回のテーマを導きました。
具体的には「死刑制度」と「日本国内の貧困」に焦点を当てています。ニュースや新聞で「2007年のクリスマスに4人が死刑執行された」、あるいは「2008年には非正規雇用者が労働人口の3人に1人となった。彼らは働けど働けど将来の見通しも立たず、その日を生きぬくことで精一杯だ」と見聞きしたときに、皆さんは何を思いますか?「何とも言えない」、「日々起こる事件の一部であり、仕方のないことだ」、「死刑囚も非正規雇用も真面目に生きてこなかった報いだ」という人もいれば、
ホームレス支援や死刑制度廃止を求めて活動をしている人もいます。死刑や貧困というトピックが、ある人には自分と関連の薄い問題と感じ、ある人には自分が活動し訴えなければいけない問題だと思うのはなぜなのでしょうか?
今回の夏期ゼミナールでは「死刑制度を存置/廃止すればよい」、「日本の貧困は個人の怠慢/政府が作り出したのだ」というような、単なる問題の是非や犯人探しをすることが目的ではありません。私たちは実際に死刑が行なわれている社会に暮らし、ワーキングプアやホームレスという人々を生み出す市場経済の中に生きています。夏期ゼミを、わたしたちがそのような社会の中でどのように生きていくのかを問い続けることの大切さを共有する場にしたいと考えています。
テレビドラマ風に言うと、「問題は私たちが生きている現場で起きているんだ!」という感覚を持つことです。
最後になりますが、学生YMCAに連なる皆さん、シニアの皆さん、夏期ゼミナールに足を運んでください!熱く語り、考え、参加者全員で楽しい夏期ゼミナールを創っていきましょう!

第37回全国学生YMCA夏期ゼミナール運営委員長
佐々木美都(中央大学YMCA3年)
***

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | November 2009 »