« May 2010 | Main | August 2010 »

July 17, 2010

関東地区聖書を読む会の報告

学Yに連なる皆様

有住です。
先日7月9日に行われた関東地区聖書を読む会の報告です。
テスト前・レポート期間にも関わらず、3人の学生が来てくれました。
また若手シニアも数名参加し、現役学生と若手シニアが共に集える場になっております。

関東在住のシニアのみなさんも、ぜひぜひご参加ください。
一緒に聖書をめくりながら、いろいろなお話をしましょう。

さて、報告です。
今回は、東京に出張集であった板野靖雄さんも参加され、
全員で自己紹介をした後、少し長い自己紹介として、
先日のトップリーダーシップでお話された中から、
聖研についての部分を語っていただきました。

普段、何気なく行っている学Y聖研ですが、
こうして観念的な言葉や理論的な視点で捉えなおしてみると、
いろいろな発見があり、学Y聖研のおもしろさを改めて言語化することができました。


今回の箇所は、マルコ8:22-26「ベトサイダで盲人をいやす」という箇所。
以下、当日参加者から発せられた言葉(有住による抜粋)です。
また、それぞれの場でこの箇所を読む際に、
それぞれの読みとつき合わせて、学Y聖研がつながって、広がっていけば、と思います。


・盲人はどこからやってきて、何処に帰されたのか。
・イエスが「この村に入ってはいけない」と言ったのはなぜ?
・「村の外」と「村の中」はひとつの境界線として象徴的に描かれているのではないか。

・イエスが「村の外」で癒しを行ったことは何を意味しているのか。
・イエスが癒しをおこなったとき、周りの人々の反応が描かれていない。近くに誰もいなかったのではないか。
・この癒しはひっそりとおこなわれ、非常にささやかな奇跡として描かれている。
・「村の中」というのは、マジョリティの世界ではないか。目が癒されたことによってマジョリティの世界に戻ることができた盲人をイエスは「村の中に入ってはいけない」と言う。これは「マイノリティ」にとどまり続けるというメッセージなのではないか。
・短い箇所をみんなでじっくりと掘り下げることができてよかった。
・短く、詳しい説明がない箇所なだけに、奇跡が際立つ。
・「家に帰された」という一文が最後に置かれているのはなぜか。

などなど、これ以外にもいろいろな意見が出ました。
もしこれから聖研をされる学Yや地区があれば、
この箇所を取り上げて、それぞれで読んだ感想や出てきた意見を、
メーリングリスト等で共有するのも、いいかもしれませんね。

それぞれの聖研の感想や様子もメーリングリストに流してくれればうれしいです。

次回は夏休みを挟んで、10月におこなう予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

塩月さんを憶えて

学Yに連なるみなさま

日本YMCA同盟より、有住です。

2008年10月に東山荘で行われた学生YMCA120周年フォーラムでなされた、
塩月さんのご発言を皆様にお送りいたします。

これは、120周年記念フォーラムの最後のセッションでのご発言であり、
昨年発刊しました120周年記念フォーラムの報告書にも記載されている内容です。
120周年フォーラムが塩月さんの最後の東山荘滞在になりました。
歴史を踏まえ、常に未来を見据え続けていた、
塩月さんらしいメッセージです。以下、抜粋して掲載いたします。

なお、同盟事務局を通じて、塩月さんのバイオグラフィ等はWSCFをはじめ、
YMCA関係者にも発信をしております。

塩月さんの地上でのお働きに感謝し、天上での平安を祈りつつ、
ご遺族の皆様への癒しと慰めがありますよう、心より祈ります。

******

◇塩月 賢太郎氏(元日本YMCA同盟総主事・WSCF主事)

 第一にこの学生YMCA120周年という記念すべきフォーラムにお招きいただき、出席できましたことを神様と皆様にお礼を申し上げます。120年というと皆さんはとてつもなく長い時間だと思われるかもしれませんが、私が初めてこの東山荘にまいりましたのは、その半分以上の62年も前のことです。その年は学Yにとって、まさに日本の戦後の学Yがどうなるかということを決める一番大事なときでありました。

 戦争中の日本のキリスト教会のあり方、YMCAも含めた厳しい学生たちのある意味の批判があり、学生YMCAを同盟が再建するよりも自分たちでやろうという意見がかなりあったのを、いろいろと話し合い、もう一度学生YMCAとして復帰しようと最終的に決心をしたのが1946年でした。その頃、私は大学の工学部の学生の2年生で、そこで使われている神学的な言葉など十分に理解できないこともありましたが、そこで多くの人に出会い、それは私の生涯を自分が考えていたものとは違う方向に進めてしまうことになりました。

 翌年、夏期学校が開かれ、この夏期学校で「学生YMCAのために生涯を献げたい」と、そういう思いをもって齋藤記念館の丘に向かって心の中で深く決意しました。その後はここにおられる奈良信さんや同期の多くの学生たちが後押しをしてくださったということも心から感謝します。その後、世界学生キリスト教連盟(WSCF)の主事という思いもしない大役を与えられ、ジュネーブに出向し、約13年間にわたってアジア各地の仕事をしました。私は日本という国が、どういう状況にあるのか、人びとが日本に対してどう思っているのか、いやでも考えさせられました。そして、キリストにある仲間たちと対話をし、その人たちとの協力において日本が再び戦争することなく手に手を携えてエキュメニカル運動を展開していくこと、これがどれほど大事かということを、身をもって体験しました。

 そういう思いをもって再びこの東山荘に帰り、昨晩から皆さんといっしょに一人のメンバーとして参加させていただき、60年のいろんな思い出がこみ上げてくるのを禁じ得ませんでした。この中からどれだけ多くの人たちが社会的に、国際的に輩出されていったかということを皆さん、ぜひ覚えていただきたい。YMCAはそれ自体で存在しているのではなく、むしろその人材を作り出すために神から与えられた時を共にし合っていくのだということを考え、これからの世界を考えたときに、どのような人材がこの中から生まれていくことを願っているのかを考えてまいりたいと願います。

 私は歴史も好きですが、いつもこれからどうなるということを考えながら生き、とうとう85歳になりましたが、どうか皆様と共に明日の日本の社会、あるいはグローバル化していく社会の中でキリスト教界の一翼として、この学生YMCA、YMCA全体がどういう役割をするかということを、世代を越えて語り合ってまいりたいと思います。一つ一つの学Y、都市Yがよき働きが展開されるようお祈りし、ご挨拶に代えさせていただきます。

******

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | August 2010 »