« March 2011 | Main | May 2011 »

April 21, 2011

新キ平の聖書研究の原稿

聖書:ルカによる福音書24章13-35節      
長倉 望(新潟教会牧師、東北大学YMCAシニア)

「一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった」(ルカ24:28)
今から9年前の2002年の3月末、わたしたちの間に生まれた最初の子どもに“ゆうき”という名を付けました。この子が生まれるちょうど半年ほど前、2001年9月11日に、かの“9.11同時多発テロ”が起こったのです。テレビに繰り返し映し出されるビル崩壊の映像に驚愕しながら、またそこから始まっていったアフガニスタンへの攻撃がイラクへと飛び火していく中で、「これから生まれてようとしている新しい命が生きていかなければならない世界は一体どうなってしまうのだろう。この暴力の連鎖はどこまで続くのだろう。生きるのにほんとうに“ゆうき”の要る時代になってしまった・・・」との思いから、話し合って子どもの名前を“ゆうき”としたのです。しかも「新しい時代に必要な“ゆうき”とは、“勇ましい気持ち”ではない。むしろ、困難の中にある人を放ってはおけないとの“友のための祈り”に押し出される一歩が必要だ。そしてそのような一歩は、大勢の“友の祈り”に支えられ励まされてはじめて踏み出せる一歩なのではないか・・・」そんな思いを込めて「友祈」という字にしました。そんな友祈が生まれたのは、ちょうど受難週の水曜日でした。イエス・キリストがゲッセマネで祈り、十字架の道へと踏み出された姿を思い起こしました。

今回の震災で何度も仙台と新潟を往復する車中、その時の気持ちを思い出していました。特にまだ被害の全容がわからない中、福島第一原発の事故が伝えられる中で、先遣隊が引いてくれた一筋の糸を頼りに仙台に向かった時、9年前に自分たちが新しい命の名に込めた祈りに、今度は自分自身が促され、励まされているように感じたのです。実際、初めて仙台に出発する時は、新潟教会の早天祈祷会のメンバーと事務室のメンバーが祈りをもって送り出してくれました。また、その後次々と物資を新潟教会に送って下さった全国の方々の切なる祈りを感じました。その祈りにどれほど励まされたことでしょう。祈りが導く道・祈りが切り開く道があるのだ、ということを改めて知らされました。

片岡謁也牧師(東北教区宣教宣教部委員長)が、敬和学園高校入学礼拝の保護者代表挨拶で、東北教区被災者支援センター・エマオに新潟地区の牧師たちがなんども物資輸送をしたことに触れて「あの“エマオへの道”に神さまが共にいてくださったと信じています」と語られたことを後日聞きました。確かにそうだったのかもしれない、と振り返って思います。そして、そうであるならば《イエスは、なおも先に行こうとされ》ているに違いない、とも思います。だから、これからも、主イエスの祈りに導かれ、多くの人たちと祈りを紡ぎ合いながら、共なる歩みを重ねたい、と願っているのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2011

WSCF-AP・学生YMCA/SCM ジョイントミリアムプログラム報告

学生YMCAに連なる皆さま

YMCA同盟より佐々木です。
先月行われた、世界学生キリスト教連盟・アジア太平洋地地域(WSCF-AP)と学生YMCAのジョイントミリアムプログラムについて報告します。
学生、シニア、スタッフ含め16名の参加がありました。WSCF-APからスニータ・スナ氏(女性プログラムコーディネーター)を講師として招きました。
今回は特に、日本の女性を取り巻く就労や暴力の課題について話し合う作業を通じて、日本のみならずアジア太平洋地域、世界中の女性や様々なパワーバランスの只中に生きている人々について学び自分自身と他者との関係を見つめなおす時間となったと思います。
また、現役の学Yメンバーがスニータ氏とワークショップや聖書研究を行い、WSCF-APと学生YMCAのつながりを新たに知る、感じ取ることが出来たのが大きな収穫だと感じています。
参加された皆さん、通訳など様々な関わりをしてくださった方、1人1人の力をかりながらプログラムを行うことが出来ました。
1人1人の働きや共有してくれたことに感謝します。

今年もWSCF-APは人権、女性、リーダシップに焦点を当てたプログラムを行います!
日本からも学生YMCAメンバーの派遣が出来るように森さんとも協力をして、プログラムの際には声をかけていきます。

◆地域女性プログラム WSCF-AP・学生YMCA/SCMジョイントミリアムプログラム◆

日 程:2011年3月6日、7日

場 所:在日本韓国YMCA アジア青少年センター

参加者:学生9名(中央大Y、立教大Y、ICU-Y、清泉女子大Y,FCSCインターン)

シニア4名 同盟スタッフ3名

講 師:Sunita Suna (世界学生キリスト教連盟 アジア太平洋プログラムコーディネータ)

主 催:日本YMCA同盟

世界学生キリスト教連盟アジア太平洋地域(WSCF-AP)と学生YMCAの関わり:
WSCF-APはWorld Student Christian Federation-Asia Pacific(世界学生キリスト教連盟アジア太平洋地域)を指します。
WSCF-APは、YMCAと同じように全世界に広がる学生キリスト教運動のネットワークであり、現在100以上の国で活動しています(アジア太平洋地域は17カ国)。
学生YMCAはWSCFに古くから加盟しています。これまで学生YMCAは様々なWSCFのプログラムに学生を派遣し、またWSCF-APから講師を招く機会を通じ、<社会問題との出会い>、<多様な宗教や宗派への理解と交流>や<課題に反応する・行動するリーダーシップの育成>に重きを置いてきました。

「地域女性プログラム」とは?:

WSCF-APでは、年に数回女性プログラムコーディネータがSCMを訪問し、協働で作る女性プログラムを「地域女性プログラム(RWP)」と呼んでいます。
その経験を通じてSCMには、女性の参加や声を大切にするプログラムや組織作りの促進や担い手となる学生の育成が期待されています。

ミリアムプログラムとは?:
「ミリアム」とはジェンダーやセクシュアリティをテーマに、個人の体験や社会的な問題について一緒に学び話し合いシェアしていく学生YMCAのプログラムです。
学生YMCAでは年に2~3回、シニアの方々と共に「ミリアム」という場を大切にしてきました。
最近は男女一緒になって、「就職活動や労働で感じるジェンダー」、「女性に対する暴力」などのトピックについて話し合いました。

目 的:今回のRWPテーマはViolence against Women-Going beyond Gender Analysis-でした。

1. 日本の文脈で女性に対する暴力の要因、構造を理解し分析する力をつける
2. 様々なコミュニティーや関係性の中で形成されたジェンダーがどのように作用しているのか気づきなおす
3. フェミニストの視点から聖書を読み直す
4. WSCF-APで話し合われている女性やジェンダーに関する課題にも着目し、日本だけでなくアジアや世界における女性やジェンダーの課題への視野を養う

内 容:
(1) 学生YMCAとWSCF-APの女性プログラム紹介
・ 学生YMCAはWSCF-APの加盟団体であり、「SCM Japan」として活動している側面も持つ。
・ 学生YMCAの女性プログラムである「ミリアム」では、アサーティブトレーニング、就職活動における性差、女性に対する暴力をテーマに行われた活動を紹介した。
・ WSCF-APは学生を基盤とした運動体であること、宗教や宗派を越えたエキュメニカルなグループであることが紹介された。
・ WSCF-APが女性プログラムに取り組む意味やその重要性を共有した。

(2) 「ミリアムと私」
・ 2人の学生YMCAシニアメンバーから学生時代で印象的なミリアムの思い出や社会について伺った。
・ 2人のお話を通じて、ミリアムはジェンダーやセクシャリティを話し合う場だけでなく、様々な意見や個人の経験を「受け入れる、受け入れられる」場であることが共有された。
・ スニータは「ミリアムがSCMJapanの学生にとって、違いを迎え入れられる空間であり特に女性たちにとって彼女たちの経験を自由に共有できる大きな意味を持つ場だと感じた。」と感想をもたれました。

(3) ジェンダーの視点を越えて「女性に対する暴力」を分析する
・ 「ジェンダー」の定義
・ 「女性に対する暴力」の要因分析-日本の文脈から-
・ 聖書研究(創世記16章1から6節 ハガル、サラ、アブラムの話)

(4) 参加者の感想抜粋
私の中に男/女だからという考え方が知らない間に深くまで浸透しているのだなということです。生活している中でこれは女性の役割だと感じて行動することもあるし、そういうものだと受け入れていることが多くあったのだなと思いました。知らぬ間に相手にその価値観を押し付けてしまっていたかもしれないとも感じました。そういった役割に縛られて苦しくなった時、ミリアムという場はみんなと意見を共有できるいい場所だなと思いました。この春から社会に出て、もしかしたら今まで以上にジェンダーを意識するかもしれません。そしたらまた、この場所に戻ってきてみなさんとお話ができればと思います。

暴力についてのディスカッションを男性の参加者のみでやった時でした。過去に経験したものがなかなか出てこない、そして出てきたとしても、その事例に対し深く議論していくことが出来ずに論点が飛んだりしました。その時、いかに自分が普段ジェンダーを意識していないかを痛感しました。(中省略)
今回のミリアムはジェンダーの中でも「暴力」に絞って議論しましたが、その中でも原因が個別に違い、全てを防止するには別々の解決策が必要であるという厳しい現実を知らされました。

学生
YMCAの活動に参加したのは初めてで、初対面の方と語り合うことが出来るだろうかと不安がありました。しかし、同じ年代の人から様々な意見を聞くことができ勉強になりました。そして、ジェンダーや暴力といった問題に関わらず、“学ぶ”ということが、人との関わりの中で形成されることが生きていくうえでとても大切なことだと思いました。スニータさんとのコミュニケーションを英語でできたら、さらに理解が深まっただろうと思います。次は積極的に話し、自分の意見が言える様勉強しようと決心しました。人と語り合うことがこんなに楽しいということを忘れていたような気がします。

ジェンダーというモノは、自分達が小さい頃から無意識に培われ、なかなか疑問にすら感じられない「枠」です。いやむしろ聖書にも垣間見えるそんな昔から存在しており、その根強さは色んな要因によって簡単には解決出来なさそうです。それでもこの問題は常日頃から私たちが抱えている課題のひとつであり、自分達が本当に物事を自由に選択でき、考え、生活していく為には、どうしても見つめていくべき事柄だと思っています。

新聞記事に書かれたViolence Against
Womenでは女性の生きにくさが見えたが、一方で男性も生きにくさを感じることがあると思う。例えば、電車内で痴漢の罪を着させられないかびくびくすることがあるかもしれないし、仕事場では仕事のできない男性と女性では周囲からの印象も違うのではないか。女性の生きにくさを考えたことで、男性の生きにくさについても自然と考えていた。違いによる生きにくさは男女に限らずあらゆる違いの間で起きる。その中でも性別の違いによって起きる問題は以前から興味があったので、今回見つめ直す時間を共有できてとてもよかった。

佐々木みと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »