« April 2011 | Main | July 2011 »

May 28, 2011

関東教区被災支援ニュースより

「あの日、あの時から」 長倉 望(新潟教会牧師、東北大学YMCAシニア)

「ハチドリのひとしずく」というアンデスの先住民に伝わる話があります。森の火事にわれ先にと逃げていく動物たちの中で、一羽のハチドリだけが、いったりきたり、くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としている、というお話です。「そんなことをしていったい何になるんだ」といって笑う動物たちに、ハチドリはこう答えます。「私は、私にできることをしているだけ」。お話はこのセリフで終わります。私はこの話を以前から知っていましたが、実はあまり好きではありませんでした。あまりにも理想的すぎると感じていたのです。けれども、東日本大震災にあたり、何度も小さな自家用車で仙台に物資を運ぶ車中この話を思い起こしました。このお話だけではありません。屋根をはがして病人をつりおろした4人の話や、5つのパンと2匹の魚の話、たくさんの聖書の物語がその車中何度も何度も思い起こされ、励まされていたのです。

新潟地区には、2004年の中越地震の経験から、地区組織の中に“被災支援担当”という部門が現在も常設されています。県内あるいは隣県の自然災害に対して、被災状況の調査ならびに初動期の支援を行うのがその目的です。今回の東日本大震災においても、震災から2日後の3月13日に三条教会で行われた新潟地区総会を終えて、新井純牧師と西川幸作牧師が被災支援担当として仙台に入りました。14日のことでした。「関東教区内にも被災状況があるのは承知しているが、地理的な要因から、新潟地区は東北の支援に入る」との判断でした。

私の携帯電話に新井牧師から「ボランティアセンター立ち上げに必要な物資を購入して新潟から運んでほしい」との要請があったのは、その日の夜のことです。仙台は当時、物流の停止、ガソリンの不足、ライフラインのうち特に都市ガスが停止し、都市機能が麻痺している状況でした。福島の原発事故のニュースも大きな不安材料として暗くのしかかっていました。

私が到着したその日の夜、正式に東北教区支援センターが立ち上がり、物流が回復するまでの間、新潟教会に物資を集積し、そこからエマオに輸送することが話し合われました。実際には3月21日に物流が回復するまでの1週間、ガソリン携行缶、カセットコンロとガスボンベ、カイロが新潟教会に全国の諸教会・諸団体・個人から送られてきました。短い期間にもかかわらず、新潟教会のホールを半分以上埋め尽くした物資には、全国の方々の真摯な祈りがありました。集められた物資は新潟地区の牧師たちが何度も何度も仙台まで自家用車で運びました。山形に入ったらガソリンの給油ができなかったため、仙台~新潟は1度の給油で往復できるぎりぎりの距離だったのが幸いしました。

「私たちは微力かもしれないが、無力ではない」というのが支援センターエマオの合言葉です。確かに私たちは、非常事態であるからといって、特別なことができるわけではありません。けれども今、私たちに求められていること、つまり互いの安否を問うこと、共に祈ること、自分のパンを困難の中にある人と分かち合うこと、命を喜ぶこと、召された方とご遺族の慰めを祈ること、互いに励ましあうこと、隣人のために働くことは、私たちが今まで教会で大切にしてきたことそのものです。私たちはそのことを、より丁寧に、より確かに、より真摯に、より誠実に、より多くの人たちと共に積み重ねていくことが、これからも求められているのだと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2011

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会 in 早稲田のお知らせ

学生YMCAにつながるみなさま

こんにちは。四谷より森です。
そろそろ梅雨の時期に入ったのでしょうか。東京では先日激しい雨が降り、今日は日差しが厳しいです。

さて、大阪では浜本さんからもご案内や報告などをいただいていましたが、鎌仲ひとみ監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会が東京でも開催されますので、ご案内をいたします。
日本YMCA同盟も協賛していますので、お近くの方ぜひご参加ください。

また、鎌仲ひとみ監督は、この夏の夏期ゼミナールの講師としてお呼びする予定です。夏期ゼミの事前学習にもなるこの機会!見逃せません!
当日は監督ご本人もいらっしゃるそうです!これまた見逃せません!お誘いあわせの上、ぜひどうぞ。私も参加します!!

以下転送 ***************
早稲田奉仕園では3月末より早稲田大学YMCA・日本バプテスト同盟と協働し、被災支援活動ボランティアの派遣(計7回)を行いました。
この度は福島第一原子力発電所の事故を受けて、持続可能なエネルギーへの未来的転換について考える機会を持ちたいと願い、「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会を開催致します。多くの方のご参加をお待ちしています。

※ ご予約が必要となりますので、お早めに下記のお問い合わせ先までご連絡ください。 ※

【日時】2011年6月3日(金)
昼の部 13時00分 開場、13時30分 上映開始、15時45分 監督トーク、16時30分 終了予定
夜の部 18時00分 開場、18時15分 上映開始、20時30分 監督トーク、21時30分 終了予定

【会場】早稲田奉仕園 (〒169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園)
昼の部 リバティーホール (先着100名、要予約)
夜の部 スコットホール講堂(先着200名、要予約)

【入場料】1,000円(当日会場受付にてお支払いください) 全額を下記の団体へ義援金として寄付致します。
測定器47台プロジェクト http://sokuteiki.exblog.jp/
母乳調査・母子支援ネットワーク http://bonyuutyousa.net/

【主催】 (財)早稲田奉仕園 http://www.hoshien.or.jp/blog/?p=950
【ご予約お問い合わせ】
TEL 03-3205-5406 (月~土 12:00~19:00)
E-mail press@hoshien.or.jp
ご予約の際には「昼の部または夜の部ご参加。ご予約何名様。」をお知らせ下さい。
【協賛】日本バプテスト同盟、国際協力NGO シャプラニール=市民による海外協力の会、
クリスチャンアカデミー、平和を実現するキリスト者ネット、原子力行政を問い直す宗教者の会、
キリスト教視聴覚センターAVACO、NCC教育部、日本YMCA同盟
【協力】日本キリスト教協議会、チェルノブイリ子ども基金、女たちの戦争と平和資料館WAM、
学生キリスト教友愛会 SCF、国際協力NGOセンター JANIC、アジアキリスト教教育基金 ACEF、
日本キリスト教団早稲田教会、在日韓国人問題研究所 RAIK
また、Twitterアカウントをお持ちの方は以下の文面で広報をしていただければ幸いです。
【RT希望】6月3日(金)13時、18時昼夜2回「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会@新宿・早稲田奉仕園!
鎌仲監督トークあり。料金1000円はすべて寄付。要予約 03-3205-5406 press@hoshien.or.jp 詳細はコチラ
http://is.gd/EBdOZa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2011

関東地区学Y合同オリエンテーションについて(ご案内)

学生YMCAに連なるみなさま

日本YMCA同盟より森です。
ようやく東京暮らしにも慣れ始め、地下鉄で自由に移動できるようになりました。これからはもっといろんな場所に、各学Yにでかけて行きたいと思います。

さて直前のご案内で大変申し訳ないのですが、関東地区学Y合同オリエンテーションについてご案内をお送りいたします。ぜひご関係者の方々へのご案内をお願いします。

関東地区では、毎年合同でオリエンテーションを行っています。
各大学からは、新入生を中心に参加する予定で、学Yについてのオリエンテーション、各海外プログラム報告、シニア発題を通して、学生YMCAとは何か、どんなネットワークや仲間たちがいるのかなど知ることができます。
関東地区の各大学から学生YMCAのメンバーが一同に集まる機会は、実はなかなかありません。
ぜひ、この機会に他大学の学Yと交流したい人、学Yをもっと知りたい人、学Yつながりの海外プログラムについて知りたい人、ぜひぜひご参加ください!
各学Yに所属している方、シニアの方などなど、どなたでも参加していただけます。

学Yオリエンテーションでお会いしましょう!
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

*日時:5月28日(土)14:00~*
*場所:早稲田大学YMCA信愛学舎*

ご質問・お問い合わせは、森までよろしくお願いします。
--
*************
日本YMCA同盟
TEL 03-5367-6645
FAX 03-5367-6641
http://www.ymcajapan.org/
*************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2011

CSでのお話

「復活ってアホ?」 教会学校 2011.5.8
  ルカ24章1-8 板野靖雄(鳥取大学YMCAシニア)

 3月11日、東北地方を襲った地震と津波で多くの人が亡くなりました。その死は1人1人の死です。お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん、妹、弟、お兄さん、お姉さん、おじさん、おばさん、友だち・・たちの突然の死です。その上、原子力発電所の事故が追い打ちをかけました。広島・長崎で原爆による被曝を経験した私たちの国が、放射能を出す「死の灰」で空を、大地を、海を、生き物を、人間を汚し続けています。板野さんは、ずっと考え続けています。「なぜ、こんなに悲しいことが起きるのか」「人間っていったい何だろう」、「死っていったいなんだろう」「科学っていったい何だろう」と。

 さて、人間と動物の違いって何だと思いますか? それはお墓を作ること、お葬式をすることだそうです。どの時代、どの国、どの民族でもあてはまるそうです。生きている「生者」と死体の間に「死者」という存在を作ったのです。そしてその死者の思いを聞きとったり、魂を慰めたりする時間を持つのです。人間は死者とコミュニケーションできる存在なのです。びっくりする必要はありません。だって昔の人が書いた本を読むって、死んで今はいないその人と話をすることなのですから。

 さて今日の聖書の箇所です。イエスは十字架で死んだあと布にくるまれて岩の穴の中に入れられていました。女の人たちが集まってイエスの遺体を綺麗にしにやってきます。葬りのためです。「明け方早く」待ちかねてやってきます。イエスの十字架の死を見つめたのも女の人たち。ここでも登場するのは女の人たちです。大体いつでも男は弱虫です。弟子たちは逃げ去っています。  
ところがイエスの遺体が見当たりません。困ってしまった女の人たちに、二人の人(天使かな?)が「なぜイエスを死者の中に捜すのか、イエスは墓の中にいない、復活して生きておられる」と言うのです。

 さて先日、姪がやってきてこんな話をしました。イースターについて尋ねた彼氏に「イエスの復活」の説明をしたそうです。するとその彼氏(大阪の人です)は「死人の復活、アホちゃうか」と言ったそうです。彼のこの言葉どう思いますか?板野さんは思いました「なんて浅い。なんて単純」と。同時にキリスト教にも責任があると思いました。「復活」という言葉を、その時代の時々で伝える言葉、伝わる言葉にするために考え尽くしてこなかったのですから。

 このことを理解するために、こんな場面を考えてみました。「板野さんにとって昇子さんて何?どんな存在?」という問いに「そうだな。空気かな」と答えました。みんな、何を言いたいのかわかりますよね。ところがある人がこの返事を聞いて「昇子は人間でしょ、空気であるわけがない。アホちゃうか」と言ったとします。これって言う方が「アホ」なのではないですか。またある人が「そうです。昇子は空気です。気体だと信じています」と言いました。これも相当に「アホ」だと思います。

 「復活」ということもこれと同じです。イエスが十字架にかけられて殺された後、弟子たちは一生懸命考えました。「イエスって何?どんな存在?」「イエスは何のために生まれて死んだのか」を。イエスの弟子たちは二千年前の古代人です。弟子たちはさらに古い旧約聖書の言葉にその意味をさがしました。そして古代の神話の言葉で「復活」という表現を見つけたのです。

「人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている」という「物語」をつくりだしていったのです。現代の理解で、それを「アホ」と言ってはなりません。また弟子たちの経験を深くわかることなしに「復活はある」といってはなりません。簡単にわかってはなりません。

 先日、元キャンディーズのスーちゃんこと田中好子さんが亡くなりました。板野さんたちの青春のアイドルでした。彼女が亡くなる少し前の病床で録音した声が葬儀で流されました。「私も一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。でもその時は必ず天国で、被災された方のお役に立ちたいと思います。」「いつの日か妹・夏目雅子のように、社会に少しでも恩返しができるように復活したいと思っています」と。ここには深くて優しい心が宿っています。「天国で役に立つ」や「復活したい」という言葉を非科学的などと笑ってはなりません。科学がわかる分野はほんのわずかです。いのちの価値も死の意味も、生きる目的も、科学は何も教えてはくれません。

 作家の小川洋子さんが「死を納得するためには合理的な理解だけでは片手落ちで、それとはまったく反対な不合理が成立する世界が必要」、「死者とは言葉を持たない、言葉を奪われた存在。その奪われた言葉を作家は一時物語の世界でよみがえさせる。物語には再生の役目がある」と書いています。私たちが生きていくためには「不合理が成立する世界」、「目には見えないものの世界」が必要なのです。死者の声を聞きながら生きるには「物語」を必要とするのです。

 大阪府立大の人間科学科教授の森岡正博さんが震災の後に新聞に書いていました。「人生の途中で命を奪われた人たちは決してこの世から消滅したわけではない。その人たちのいのちは、彼らを大切に思い続けようとする人々によっていつまでもこのように生き続ける。私たちの心の中に生き続けるだけでなく、私たちの外側にもリアルに生き続ける」と。このような宗教の言葉や深い知恵の『物語』がないと私たちは生きていけないのです。宗教や哲学や文学の最も大切なテーマは「死をどう考えるか」です。これからも、しっかりと向き合い、考え続けて行きたいと思っています。みんなも考え続けて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | July 2011 »