« 学生YMCA寮新入寮生募集2013☆ | Main | リレーメッセージ No.2 --->>学Y125周年に寄せて »

October 19, 2013

リレーメッセージ--->>学Y125周年に寄せて

◇◆◇◆--------------------------------------------<2013.10.17>
◆◇ リレーメッセージ--->>学Y125周年に寄せて
◇------------------------------------------------------------------------

学生YMCA125周年に寄せて、学Yにつながるみなさんからの
熱いメッセージを、不定期でお届けします。
各地の学Yに育てられた私たちの仲間の声、どうぞお楽しみください。

▼新林智子さん(元学生部委員・九州大学シニア)より

「なにが真実なのか、最も弱くされる人々は誰なのか-思考し、抗い続ける学Y」

私は九州の学Yでお世話になったものですが、2005~8年の3年間を青森で過ごしました。六ヶ所村にある核燃料サイクル工場が、アクティブ実験に進もうとするさなかでした。もし本格稼働するなら、放射性のガスを煙突から吐き出し、放射性物質を含んだ廃液を海に流すため、住民の健康被害や自然環境への汚染が懸念されていました。ガイガーカウンターで空間放射線量を測定したり、近隣の海や川、森や土、水や食物が汚染されていないか、定期的にサンプルを取った結果を、住民に知らされていました。多くの人は、そのデータをどう見たらいいかわからず、偉い人たちがちゃんとやってくれるだろうと見過ごします。事故を想定した避難訓練もありましたが、過疎で高齢化した地域では、避難所まで逃げて来れる人は一部です。どこか架空の物語に付き合わされているような感じでした。そんななか、本当にこんな危険な施設が必要なのか、絶対の安全なんてありえない…疑問を持つ人々の声はしっかりと存在したのですが、分断され、小さくされていました。

東京電力・福島第一原発の事故で、この架空の物語が現実となり、私は頭が燃えるようでした。そして福島県白河市におられる竹佐古真希・竹迫之夫妻のもとに押しかけました。現実に事故が起きた世界でどう生きて行ったらいいのか、誰とどのように繋がって、支え合ったらいいのか、とにかく一緒に考えさせてもらえないかという気持ちでした。土曜の夜という教会にとって大変な時に、「サタデーナイト・ニーバー」と苦笑しながら受け入れてくださり、おふたりやお仲間と、まさにその現場で語りあいました。そこで気づかされたのは、「想定外」という言葉が横行しましたが、青森の生活を考えると、事故が起これば大変なことになるなんて「わかっていたこと」だったのです。頭が燃える感じとは、世間が圧倒的な力で事態を矮小化するなかで、なにを真実として自分が捉えるのか、最も被害を受け弱くされる人々は誰なのか、思考し、抗い続けよという指令だったと思います。学Yで問われ続けた、世界の構造を見る力、その中で自分がどこに立って生きるのかを考える力が、試される時でした。おふたりには感謝してもしきれないほど、救われました。

なけなしの金で関西と福島を往復する私を見かねて、同盟の横山由利亜さんがカンパくださり、その後、正式な活動にのせるため応援してくれました。懐深い学Yのネットワークとペシャワール会のワーカーOBのつながりがコラボし、ふたつの動きに展開していきました。ひとつは、福島や宮城県南の子どもたちを集めて開催する「元気いっぱい琵琶湖キャンプ」です。学Yの学生さんに手伝いに来てもらい、吉村亜紀子さんや赤マムシさん、平井祐美子さん・文則さんを中心とした関西のシニア勢に多大な協力をいただいて、4回を数えました。二つ目は、関西の対人援助職の有志で、南相馬市での子どもの遊び場等に定期的に訪問し、子どもや保護者へのかかわりを手伝い、2年目に入りました。こちらは共働スタッフの鈴木一弘さんが、学Yの学生さんを引率し、同盟スタッフの森小百合さんのコーディネートのもと、粘り強く訪問してくださっています。これらの活動が、小さくされている声を拾い集め、仲間とつながり、事故による汚染の現実から目をそらさないで、思考し続ける機会になればと願っています。

---->>次回のリレーメッセージは、新林さんにご紹介いただいた落合道夫さん(九大Yシニア)です。お楽しみに☆--->>
--

|

« 学生YMCA寮新入寮生募集2013☆ | Main | リレーメッセージ No.2 --->>学Y125周年に寄せて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リレーメッセージ--->>学Y125周年に寄せて:

« 学生YMCA寮新入寮生募集2013☆ | Main | リレーメッセージ No.2 --->>学Y125周年に寄せて »