January 06, 2014

学生YMCA125周年記念フォーラム開会礼拝説教

学生YMCA125周年記念フォーラム開会礼拝説教「神の似姿」聖書:創世記1:26-27節
2013・11・23 石井智恵美

Ⅰ.学生YMCAとの関わり
 はじめての方も、なつかしい方々もお目にかかれて嬉しいです。
今日は、思い出話とそして現在、未来の話を、聖書に聴きながらしてみたいと思います。
大学を卒業してから放浪の期間が長かったのですが、現在は、川崎にある日本キリスト教団まぶね教会で牧師をしています。立教大学や農村伝道神学校でも週に一回講師を務めています。
さて、私が学Yで活動していたのは、1980-1987年。大学2年生(ルーテル神学大学)から、大学院(同志社大学)修了時までの7年間になります。大学2年生の夏に、夏期ゼミに参加したのが、学Yに加わったはじめです。当時私は東京の三鷹にあるルーテル神学大学の学生で、そこでは御隣のICUと東神大と三つで大沢キャンパスYMCAとして活動をしていました。その夏期ゼミでは今、学生部委員長をしている瀬口昌久さんが委員長をしていました。皆の熱い議論に圧倒されて「失語症」に陥ってしまう経験をしました。そんな私が何故か翌年の夏期ゼミの事務局長に選ばれてしまい、全国の学Yを訪問することになりました。そして、その夏に開かれたWSCF(世界学生キリスト教連盟)のアジア太平洋地域委員会が、水道橋の在日大韓YMCAで開かれて、どういうわけか3年任期の常置委員に選ばれて、「日本人は英語などできなくてもいい」と嘘ぶいていた私が、英会話を必死で勉強し始めました。結局大学院の1年まで、その委員を務めました。私はいろんな意味で、学Yの活動にはまりました。それはそれまでの私の信仰の歩みが前史としてあったからでした。

 まず、私は幼い頃から母に連れられて教会へ行き、子ども心にもイエス・キリストの生き方にあこがれ、また、両親以外の信頼できる大人に出会い、可愛がってもらっていましので、大人になったら洗礼を受けてクリスチャンになる、と決意を固めていました。クリスチャンとして生きることは、人として高潔な最高の生き方だ、と。そのような素朴な信仰や世界観が、高校に入り、無神論の先輩に出会ったことで崩れされました。そんなことがあるまでは、本や絵を描くことが好きなのんびりとした少女でした。その先輩は、サルトルの実存主義哲学に傾倒していて「神はいないし、神を信じるクリスチャンは欺瞞そのものだ」というのです。教会で聞いてきたこととあまりに違うので驚き議論にもならなかったのですが、その先輩の言い分を聞いてみました。彼は「クリスチャンは卑怯だ。人間は皆、自由という刑罰を負っているのに、その重荷を自分一人で負わずに、いもしない神に押し付けて楽をしている。」「人間は神に似せて造られたといって、他の自然や動物よりも自分たちを一段高い所に置くけれど、僕は葉っぱ一枚と同等の価値でいなきゃいやだ。」先輩のいうことが本当なら、私は神なき人間の苦しみがわからないことになる、だって神に重荷を押し付けて楽をしているのだから。だとしたら、「隣人を自分のように愛せ」という戒めも守れないことになってしまう。けれど、クリスチャンであることをやめれば、そのような戒めを守る必要もない。。。結論の出ない堂々めぐりの問いかけが半年ほど続きました。結局、自分は神様の愛なしに生きることができない、と敗北感いっぱいで、洗礼を受けることを決意しました。そして、自分の信じていた世界観を壊されることの辛さ、しんどさを味わい、また、意見の異なる相手と対話を続けてゆくことの困難さを味わいました。でも、今思うのですが、信仰の原点のところに、こういうことが据えられたことは、神の恵みであった、と思うのです。同時代を生きる一人として、クリスチャンであろうとなかろうとその苦しみに同伴する、ということが、据えられたのです。

また、異なる意見を持つ相手に通じる言葉を鍛えることの大切さを心に刻まれたのです。しかし洗礼を受けた頃から、母教会の牧師との齟齬が大きくなってゆきました。たとえばその当時、遠藤周作の「無力なキリスト」というモチーフが話題になっていましたが、教会でその話をするとまっこうから否定されてしまいました。「私は弱いキリストなら信じませんでした。我々を救ってくれる力強いキリストだからこそ信じたのです。あなたもこのようなことに惑わされることなく、まず聖書を読んで祈って下さい。それは悪魔のささやきです」と言われ、何か型にはまったクリスチャン像を押し付けられるような気がして息がつまってきました。まだ高校生でしたし、自分の中の知的な能力も文学的な素養も存分に伸ばしたいと思うのに、それに蓋をされるような気がして、だんだん苦しくなってしまいました。しかし、父親のように優しく育ててもらった牧師先生を悲しませることになる、と自分を責め、そのような葛藤が続き、結局その教会に行くことができなくなってしまいました。でも、自分の中には私の中に、神はこのような知的な関心も、感受性もお与えになったのだから、それを抑圧することを喜ぶはずがない、むしろ伸ばしてゆくことを望まれるはずだという確信がありました。そして牧師先生を裏切るようで辛かったのですが、その自分の確信に従いました。他の人がなんと言おうと、神との対話の中で、自分の確信に従う、という歩みを信仰のはじめの時期に与えられたのは、当時は辛かったですが、今思えば幸いなことでした。イデオロギーの押しつけがいかに人間に辛いものかを味わい、健やかな信仰のアイデンテイテイを形成することの大切さを、この経験からも刻まれたと思っています。

そして、そんな時に出会ったのが、学Yの活動でした。知的なものを抑圧せずに、自分の関心を十分に伸ばしながら、聖書やキリスト教思想を探究できる学生YMCAの活動に出会えたのは、私にとって一種の解放の出来事でした。様々な社会的なテーマには目を開かれる思いがしました。そして全国の仲間や先輩を与えられました。夜を徹して真剣に議論をして、ケンカもしたりしながら、本当に濃い人間関係だったと思います。アジアの学生キリスト者達との出会い、香港の度々の会議で、国際的な関わりの楽しさ、解放感にも目覚めたと思います。この経験がなかったら、韓国への留学、ドイツへの二度の留学もなかったと思います。さて、思い出話をこれくらいにして、今日与えられた聖書の箇所を見てみましょう。

 Ⅱ.創世記1:26-27
■26節「神は言われた『我々にかたどり、我々に似せて人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うすべてを支配させよう。』
「神は言われた」と旧約聖書で書かれているところでは、すべて出来事が起こっています。
ここで使われているへブル語は「アッメール」。語るという言葉です。もう一つ「語る」という意味のへブル語に、動詞「ダべール」名詞で「ダ―バール」という語があります。「ダ―バール」は、「アッメール」とほぼ同じ意味ですが、言葉であり、同時に出来事なのです。「神が言われた」という言葉が旧約聖書で書かれている所は、ほとんどすべて「神は(このことを)生起させる、(この)出来事を起こす」と同じ意味です。しかし、人間はそうはいきません。典型的なのは、人は嘘をつきます。言葉と実体が乖離しているのです。中身のない言葉を語るのです。「神は語った、そして同時にそのことを生起させた。」というのが、「神は言われた」の正確な意味です。ですから、この神の言葉は私達が語ったり、読み書きする現象としての言葉ではありません。出来事としてのことば、です。夕暮れのばら色の雲の饗宴も、風に揺れる一輪の花も、この出来事としての神のことばをわたしたちに語っていないでしょうか。神は真実な言葉を語り、同時に真実の出来事を起こす。それが聖書の神です。その神にならって、私達人間も真実の言葉を語り、真実の出来事を起こすよう努力する。それが信仰者の在り方ではないでしょうか。

『我々にかたどり。。。』のところは、何故、唯一神である神が複数で語るのか、と疑問に思われる方もいるかと思いますが、ここは「熟慮の複数」と言われています。神が深く自分自身と対話をして熟慮をしている時に、「我々」という言葉が用いられると。そしてまさに、ここにこそ、人間と他の動物と決定的な違いがあります。人間は自分自身と深く対話をする存在として、神に似せて造られた、ということもできましょう。ただ本能に従って生きるのではなく、深く考えて生きる、そこにこそ、人間の独特の存在の在り方があります。そして、神はすべての生き物の支配権を人間にここでお与えになっています。ただし、ここは、堕罪前の人間に支配権をお与えになったということを注意しておきたいと思います。堕罪の後は、事情がすっかり変わってしまったのですから、この部分を根拠に「人間が自然を思うままにしていい」という環境破壊の正当化が推し進められてきたことは、本当は矛盾しているのです。過去30年ほど、エコロジー神学の立場から創世記2章15節「主なる神は人を連れてきて、人がそこを耕し、守るようにされた」を根拠に、「地の支配者から地の守り人への転換」が提唱されてきました。しかし、これもまた、堕罪前の人間の有り様として描かれています。現実は私達の世界は、争いと分裂と対立という罪の現実に引き裂かれています。そのなかで「人類こそが最も進化した生物である」と特に近代化イデオロギーの中で人間は驕り高ぶり、環境破壊、地球温暖化、そして何万種という動植物を地球から絶滅させています。まさに、今、このことをこそ、私達は深く考えなければなりません。声なきものたちの声を聞きながら。人間は、自分たちの生きる基盤に唾を吐き続けています。

■27節「神は御自分にかたどって人を創造された。/神にかたどって創造された。
男と女とに創造された。」
 ここに、ふたたび神の似姿が描写されています。この箇所は、同性愛者を排除する異性愛者イデオロギーの根拠として今も用いられますが、フェミニスト神学の学びから、この個所を「互いに異なる者がひとつになる」という風に解釈したいと思います。人は男と女、異なった存在が一つになってはじめて神の似姿が現れるということなのです。もちろん、ここには、古代ユダヤ人の口伝の中で語り伝えられてきた思想が反映されています。何故、人間に男と女が存在するのか。何故、そこから新しい命が生まれるのか。その不思議の原因譚でもあります。人間は、一人では人間ではないのです。男一人でも女一人でも、「神の似姿」は現れないのです。また似たもの同士の寄り合いでもだめなのです。異なった者が、共同し合ってはじめて人間となるのです。ですから、「神の似姿」とは、決して実体としてそこにあるものではなく、その都度生まれ出てくるものではないでしょうか。私達が異なったものを排除するのではなく、勇気をもって異なる者へ自分を開き、共に存在する努力をする、し続ける、そこにこそ、神の似姿が実現するのではないでしょうか。そこにこそ、新しい命が生まれ、次なる共同体へと命が豊かにひろがってゆく道が開けます。神の祝福がそこに響いています。

 深く考えるーこのことが、人間の他の動物とは違った特性だと申しましたが、それがゆえに驕り高ぶった人間は、欲望を肥大化させ、エネルギーの増大を招き、制御不可能なエネルギー・原子力エネルギーをもコントール可能であるかのように錯覚をしてしまいました。3・11の大震災で起こった福島第一原発の事故は、そのことを私達にまざまさと見せつけました。人間の光と闇を、私達はもう一度問いなさねばならない、そこから新しい文明の在り方を考えてゆく時に来ていると思います。私はその時に、出来事としてのことば、に人間が謙虚に聴くことが求められていると思います。朝の光に輝く一枚の落ち葉に、涙する隣人の苦しみに、今、ここでその言葉を聴くことです。思想の言葉は、この出来事としてのことばに根ざした時に、はじめて真実のことばになるのですから。

福島の事故はまさに、出来事としての神のことばではないでしょうか。被造物がうめき、被爆した人々、避難した人々がうめいています。言葉にならないうめき、苦しみがつもったところには、純粋なエネルギーが蓄えられます。そこから新しい世界の預言的なヴィジョンが生まれてきます。旧約の預言書がそうでした。自然の一部としての人間の在り方に、私達はもっと立ち戻ることが求められているのではないでしょうか。大量消費をして便利で快適な生活ができるのが文明人なのではなく、自然と調和しながら、自然の一部としての人間として地の守り人として生きてゆくこと、異なる者を排除し、すべてを一元化した価値観へ還元する在り方に抗して、異なる者へ勇気を持って自分を開き、対話を続け共存の努力を重ねること。人間の間にある「神の似姿」を、常に創造し続けること、創造者なる神の働きに助けられて。それはこれからの新しいビジョンであり、そこにしか人類が生きる道はないのではないでしょうか。学生YMCAの活動が、今までそうであったように、これからも、常に深く考えながら、異なる者とともに共存すること、神の似姿を実現してゆくものでありますように、心から祈り願っています。

祈り
Selig seid ihr, wenn ihr einfach lebt  (幸いあれ、あなた方が単純に生きるとき)
Selig seid ihr, wenn ihr Lasten tragt (幸いあれ、あなた方が重荷を担うとき)
Selig seid ihr, wenn ihr lieben lernt (幸いあれ、あなた方が愛することを学ぶとき)
Selig seid ihr, wenn ihr Guete wagt(幸いあれ、あなた方が善き業をあえてやってみるとき)
Selig seid ihr, wenn ihr Leiden merkt (幸いあれ、あなた方が苦しみに気づくとき)
Selig seid ihr, wenn ihr ehrlich bleibt (幸いあれ、あなた方が誠実にそこにとどまるとき)
Selig seid ihr, wenn ihr Frieden macht(幸いあれ、あなた方が平和を作りだすとき)
Selig seid ihr, wenn ihr Unrecht sruert (幸いあれ、あなた方が不正義を感じるとき)
                作詩:カール・バルト&ペーター・ホルスト 1979
『ドイツプロテスタント教会讃美歌』(1995)より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2013

リレーメッセージ No.4 --->>学Y125周年に寄せて

◇◆◇◆--------------------------------------------<2013.11.01>
◆◇ リレーメッセージ No.4 --->>学Y125周年に寄せて
◇----------------------------------------------------------------------
学生YMCA125周年に寄せて、学Yにつながるみなさんからの
熱いメッセージを、不定期でお届けします。
各地の学Yに育てられた私たちの仲間の声、どうぞお楽しみください。

▼春藤茂伸さん(九州大学YMCAシニア)より

『熱く、純粋で、痛かった日々』

大学を卒業し、高校の教師になって18年、日々常に様々な問題と格闘中であるが、学Yでの3年間の経験は、今の自分を支えていると感じている。では、これまでの自分の人生の中で、九大Yの名島寮で過ごしたあの3年間はどんな意味を持っているのか?

私の印象に特に強く残っているのは、第4回日韓交流プログラムでの在日大韓基督教会の青年達との出会いである。自分たちの方から出会いを求めていったにもかかわらず、スタートラインに立てていなかったのは、学Yの日本人学生とソウルYの韓国人学生の方であった。そして、出会いを通して浮き彫りになった、何もわかっていなかった自分の現実の姿に苦しんだ。そんな「現場(厳しい現実の状況)」を垣間見ることを通して、自己や社会の有り様を問い直つつ、改めて聖書を読んだ時、イエスの言葉が真実として胸に迫ってきた。そして、いつも傍らに、共に体験を分かち合い、聖書のメッセージについて語り合い、真摯に自分と向き合ってくれた仲間がいた。あの日々は、熱く、純粋で、痛かった。

今後も私は教師として、自分の選び取った現場で、仲間と共に目の前の子どもたちと向き合っていきたい。そして、苦しい時こそ、「同行二人」、イエスが共に歩んでくださることを常に忘れずに、祈りつつ歩み続けたい。

--->>次回もお楽しみに☆--->>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2013

リレーメッセージ No.3 --->>学Y125周年に寄せて

◇◆◇◆--------------------------------------------<2013.10.28>
◆◇  リレーメッセージ No.3 --->>学Y125周年に寄せて
◇----------------------------------------------------------------------
学生YMCA125周年に寄せて、学Yにつながるみなさんからの
熱いメッセージを、不定期でお届けします。
各地の学Yに育てられた私たちの仲間の声、どうぞお楽しみください。

▼平井祐美子さん(梅光女学院大学シニア・元協力主事)より

 『いつもどんな時も心地よい「居場所」』

 学生YMCAに関わっていた頃を思い出すと、何故か気恥ずかしくてなりません。本当に必死にのめり込んでいた自分がおかしいやら懐かしいやら。でも今思えば、学Yは私にとって、いつもどんな時も心地よい「居場所」であったように思います。たくさんの友人と出会わせてくれ、時に前へ前へと背中を押してくれたり、ある時は背中をさすってくれたり…そんな経験が今の仕事や暮らしの中で大切な決断をしなければならない時や、他者との対応に迫られる時に何故か助け船を出してくれるのです。そういう意味では「あの頃」を過去形では語れないのかも知れません。

 日本の学生YMCAも125周年。この時間を共に歩んで下さったキリストの栄光がますます讃えられますように。そして今この時にも労をとっておられるスタッフの皆様、そして何より学生YMCAを支えていて下さる若い皆様のご健闘をお祈りしています。明日は今日より、来年は今年より、もっともっといい日になるはずですから。

 私も負けずに張り切って、もう少し前に歩き出してみようかなと思う今日このごろです。

--->>次回は、春藤茂伸さん(九州大学YMCAシニア)です。11月1日ごろ発信予定。お楽しみに☆--->>

--

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2013

リレーメッセージ No.2 --->>学Y125周年に寄せて

◇◆◇◆--------------------------------------------<2013.10.22>
◆◇  リレーメッセージ No.2 --->>学Y125周年に寄せて
◇------------------------------------------------------------------------

学生YMCA125周年に寄せて、学Yにつながるみなさんからの
熱いメッセージを、不定期でお届けします。
各地の学Yに育てられた私たちの仲間の声、どうぞお楽しみください。

▼落合道夫さん(九州大学YMCAシニア)より

「いま再び、現代の新たな寮の姿を模索する」

 学生YMCA125周年おめでとうございます。
 九州大学YMCA名島寮が1991年に再開されてから22年になります。再開当時、修士課程の1年生であった私が考えていたことを記して、学生YMCA125周年記念のはなむけとさせていただきたいと思います。

 九州大学YMCA名島寮は1958年に設立されましたが72年に一時閉鎖。その後、某企業の男子独身寮として利用されるために貸し出され、91年にYMCA寮として再開。以来、今日に至っています。
 九大Yに活動の拠点として寮が必要だと思ったのは、全国各地にある学Y寮を訪問してのことでした。特に同じ九州にある熊本大学YMCA花陵会、長崎大学YMCA浦山寮からは大いに刺激を受けました。そこには、濃密な人間関係のもと、ともに聖書を読み、語り合い、自己や社会の問題に積極的に取り組む姿がありました。それは名島寮のモデルとなったものであります。

 しかしさらに、再開された名島寮はその時代の新たな寮の姿を模索し、男女の区別なく入寮できるものとしました。大学院生も受け入れました。必ず留学生が在寮するようにしました。これらは当時の学Y寮にあって初めてのことではないですが、珍しいことでありました。名島寮が再開時に試みたことは、22年たった今、あたり前のことになっています。この試みは名島寮の基本理念「キリスト教信仰の内実を問いつつ、共同生活を通して、自己変革を志す」にあらわれており、この理念は現在の寮生にも受け継がれています。

 九州大学は現在、移転が進行中です。名島寮も移転を余儀なくされています。学生YMCAが125周年を記念するのは、これまでの歴史を振り返り新たな姿を模索してのことでしょう。
 新九州大学YMCA寮も再び、現代の新たな寮の姿を模索することで、そのうねりに参画していきたい。

---->>次回は、平井祐美子さん(梅光女学院大学シニア・元協力主事)です。10月28日頃を予定しています。お楽しみに☆--->>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2013

リレーメッセージ--->>学Y125周年に寄せて

◇◆◇◆--------------------------------------------<2013.10.17>
◆◇ リレーメッセージ--->>学Y125周年に寄せて
◇------------------------------------------------------------------------

学生YMCA125周年に寄せて、学Yにつながるみなさんからの
熱いメッセージを、不定期でお届けします。
各地の学Yに育てられた私たちの仲間の声、どうぞお楽しみください。

▼新林智子さん(元学生部委員・九州大学シニア)より

「なにが真実なのか、最も弱くされる人々は誰なのか-思考し、抗い続ける学Y」

私は九州の学Yでお世話になったものですが、2005~8年の3年間を青森で過ごしました。六ヶ所村にある核燃料サイクル工場が、アクティブ実験に進もうとするさなかでした。もし本格稼働するなら、放射性のガスを煙突から吐き出し、放射性物質を含んだ廃液を海に流すため、住民の健康被害や自然環境への汚染が懸念されていました。ガイガーカウンターで空間放射線量を測定したり、近隣の海や川、森や土、水や食物が汚染されていないか、定期的にサンプルを取った結果を、住民に知らされていました。多くの人は、そのデータをどう見たらいいかわからず、偉い人たちがちゃんとやってくれるだろうと見過ごします。事故を想定した避難訓練もありましたが、過疎で高齢化した地域では、避難所まで逃げて来れる人は一部です。どこか架空の物語に付き合わされているような感じでした。そんななか、本当にこんな危険な施設が必要なのか、絶対の安全なんてありえない…疑問を持つ人々の声はしっかりと存在したのですが、分断され、小さくされていました。

東京電力・福島第一原発の事故で、この架空の物語が現実となり、私は頭が燃えるようでした。そして福島県白河市におられる竹佐古真希・竹迫之夫妻のもとに押しかけました。現実に事故が起きた世界でどう生きて行ったらいいのか、誰とどのように繋がって、支え合ったらいいのか、とにかく一緒に考えさせてもらえないかという気持ちでした。土曜の夜という教会にとって大変な時に、「サタデーナイト・ニーバー」と苦笑しながら受け入れてくださり、おふたりやお仲間と、まさにその現場で語りあいました。そこで気づかされたのは、「想定外」という言葉が横行しましたが、青森の生活を考えると、事故が起これば大変なことになるなんて「わかっていたこと」だったのです。頭が燃える感じとは、世間が圧倒的な力で事態を矮小化するなかで、なにを真実として自分が捉えるのか、最も被害を受け弱くされる人々は誰なのか、思考し、抗い続けよという指令だったと思います。学Yで問われ続けた、世界の構造を見る力、その中で自分がどこに立って生きるのかを考える力が、試される時でした。おふたりには感謝してもしきれないほど、救われました。

なけなしの金で関西と福島を往復する私を見かねて、同盟の横山由利亜さんがカンパくださり、その後、正式な活動にのせるため応援してくれました。懐深い学Yのネットワークとペシャワール会のワーカーOBのつながりがコラボし、ふたつの動きに展開していきました。ひとつは、福島や宮城県南の子どもたちを集めて開催する「元気いっぱい琵琶湖キャンプ」です。学Yの学生さんに手伝いに来てもらい、吉村亜紀子さんや赤マムシさん、平井祐美子さん・文則さんを中心とした関西のシニア勢に多大な協力をいただいて、4回を数えました。二つ目は、関西の対人援助職の有志で、南相馬市での子どもの遊び場等に定期的に訪問し、子どもや保護者へのかかわりを手伝い、2年目に入りました。こちらは共働スタッフの鈴木一弘さんが、学Yの学生さんを引率し、同盟スタッフの森小百合さんのコーディネートのもと、粘り強く訪問してくださっています。これらの活動が、小さくされている声を拾い集め、仲間とつながり、事故による汚染の現実から目をそらさないで、思考し続ける機会になればと願っています。

---->>次回のリレーメッセージは、新林さんにご紹介いただいた落合道夫さん(九大Yシニア)です。お楽しみに☆--->>
--

| | Comments (0) | TrackBack (0)